人気ブログランキング |
911テロに関するゲスの勘ぐり



c0069055_15523777.jpg



2001年に発生した「911テロ」から18年。
謎が多く、米国による自作自演説(陰謀説)もある。
真相はわからない。

ありふれた考へ方だけれど、
「誰が得をしたか」でゲスの勘ぐりをすると、
最も怪しいのは当時のブッシュ大統領(いはゆる子ブッシュ)である。

テロの首謀者とされるウサーマ・ビン・ラーディンは、
事件当日、米国テキサス州にあるブッシュ家の別荘にゐた。
ブッシュ家とビン・ラーディン家は家族ぐるみの付き合ひだつたから。

事件当日、米国各地にゐた計24人のビン・ラーディンの一族を
国外に逃亡させたのはブッシュ大統領である。
米国の報道官や複数のマスメディアが指摘してゐる。

テロ発生で民間機の飛行が禁止される中、
チャーター機を使ひ、FBIも協力して、
国外に逃亡させたのだから国賓なみの「厚遇」といへるだらう。

トランプ候補(現トランプ大統領)も、
2015年の予備予選の討論会でその件を指摘してゐる。
ただし、討論相手がジェブ・ブッシュ(子ブッシュの弟)だつたから、
ブッシュ家を論難するのが目的で、
明確な証拠に基づく発言ではなかつたかもしれない。

ブッシュ家とビン・ラディーン家のつながりを示すものとしては、
1978年、子ブッシュが
アルブスト・エネルギー社(石油掘削会社)を設立したとき、
共同出資者に兄ビン・ラディーンがゐたことが挙げられる。
(代理人を経由しての出資)

カーライル・グループ(1987年設立の投資ファンド)の大株主には、
父ブッシュ(ファンドの顧問)と父ビン・ラディーンがゐた。
当時は米国の軍事産業に投資するファンドであつた。

ウサーマ・ビン・ラーディンは、
ニュース映像ではテロリストとしての姿ばかり報道されてゐるが、
財閥の御曹司である。
ビン・ラーディンの一族は巨大財閥を形成しており、
アラブの王侯貴族とも密接な関係を持つてゐた。
ブッシュ家に限らず、
ビン・ラーディンの一族と関はつた者は少なくないだらう。

911テロ後、アフガニスタン紛争やイラク戦争を通じて、
ブッシュ家とその取り巻きは軍需と石油で大儲けをして、
米国はそのオコボレにあづかつた(笑)。
ブッシュ家と米国は、いはゆる "win-win" の関係である。

そして、大量破壊兵器はなかつたとして、
テロ組織の掃討作戦といふ名の株価操作は終了した。
ゲスの勘ぐりだけどね。

ちなみに、自作自演による掃討作戦には前例がある。
(立案されたが、実行はされなかつた)

1962年、キューバのカストロ政権を倒すため、
米国統合参謀本部は「ノースウッズ作戦」を立案した。
フロリダ州で共産主義者がテロを起こしたと偽装し、
それを口実にカストロ政権を倒す作戦である。
ケネディ大統領が作戦を却下したため実行されなかつたが、
911テロの自作自演説(陰謀説)を連想させるシナリオである。

ただ、その手の陰謀話は、
昔から洋の東西を問はずたくさんあるから目新しさはない。


*******
Team America / America, Fuck Yeah!









# by hikihitomai | 2019-09-11 21:00 | 物見遊山
既視感



c0069055_17454150.jpg




*******
ドビュッシー(Claude Debussy)/ 夢想
ピアノ演奏は、アリス=紗良・オット(Alice Sara Ott)。









# by hikihitomai | 2019-09-10 21:00 | 物見遊山
α55との蜜月



c0069055_17330828.jpg



東京国際フォーラム、ガラス棟。7階の通路で撮影。
レンズは、"SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM"。
焦点距離8mm(12mm相当)。

------------------------------------------

デジカメ SONY "α55"(型番:SLT-A55V)を購入して8年。
長い付き合ひになつた。
今後も、可能な限り使ひ続けたい。

とはいへ、カメラ本体はかなりくたびれてゐる。
撮影に支障はないけれど、所々、合皮が剥がれ、
あちこちの文字が消へかかつてゐる。
シャッターボタン周辺は色落ちが著しい。

買ひ換へも考へてはゐるけれど、悩ましいのである。

所有するレンズを活かすなら、カメラは "α77 II" の一択。
現行品で APS-C の Aマウント機はそれしかないから。
しかし、いまさら2014年製のカメラに買ひ換へるのもね。

必然的に、カメラの買ひ換へはレンズの新調を伴ふことになり、
レンズを新調する以上、カメラは SONY でなくてもいいのであつて、
さうなると、選択肢が多すぎて悩ましい。

どのメーカにするか、
ミラーレスにするか一眼レフにするか、
APS-Cにするかフルサイズにするか、
いつそのことレンズ一体型にするか。

最適解を求めようとするから悩みが生じる。
最適解と言つても線形計画問題のやうな計算はできない。
簡単に解決しさうにないが、悩むのはイヤぢやない。
それも趣味(楽しみ)のうちだし。
急ぐ必要はないのだから、長く楽しむためにも、
現用の "α55" には引き続き頑張つてもらひたい。


*******
クイーン(Queen)/ 手をとりあつて










# by hikihitomai | 2019-09-09 21:00
カレーライス雑記



c0069055_20095728.jpg



「ハヤシライス」を「ライスハヤシ」とは言はない。
「ラーメンライス」を「ライスラーメン」とも言はない。
しかし、カレーには「カレーライス」と「ライスカレー」がある。

カレーライスは、インド料理がルーツ。
明治の初め頃、英国から日本に伝はつたのださうです。
インドから直接日本に伝はらなかつたのは、ふたつ事情があります。

ひとつ目は、インド料理をもとにして、
カレーとご飯(ライス)の組合せを考案したのは英国だから。
ふたつ目は、英国がインドを植民地支配してゐたから。

カレーライス伝来の背景には英国の帝国主義があつたんですね。
約2世紀に渡る植民地支配で2千万人以上が餓死したのだから、
インドにとつて暗黒の時代でした。
そんな時代に、英国から日本にカレーライスが伝はつたわけです。

日本のカレーライスは、
様々な肉や野菜を使ふなど独自の発展を遂げました。
その典型がビーフカレーでせう。
神聖な牛を喰ふなんてインドでは考へられない。

さう思つてゐたのですが、間違ひでした。
牛食禁止はヒンドゥー教徒で、インド人の約8割。
その他の人々が牛食OKだとすれば、
インドの人口は約14億人だから、2割でも約2億8千万人。
日本の人口の2倍以上の人々が牛肉を喰へることになります。
ビーフカレーがあつても不思議はありませんし、
実際、インドにはビーフカレーがあるさうです。

興味深いのは、インドの牛肉輸出量は世界有数だといふこと。
世界一だつたかもしれません。
ヒンドゥー教徒は牛肉輸出に一切関与してゐないのでせうか。
牛食禁止でも輸出OKだとしたら、
牛が神聖といふ前提が崩れてしまふ、
なんてことは余計なお世話ですね。
オトナの事情もあるでせうし。

英国から日本にカレーが伝来したとき、
不思議なことに「ライスカレー」と呼ばれたさうです。
英語では、"curry and rice" あるいは "curried rice" だから、
素直に翻訳すれば「カレーライス」になるはず。
なにゆゑ「ライスカレー」になつたのか。

「ライスカレー」の命名者は、
「少年よ大志を抱け」のクラーク博士だとする説があります。
しかし、なぜ「ライスカレー」としたのか理由はわかりません。

しかも、クラーク博士より早く、
ホーレス・ケプロン(北海道の開拓に貢献した米国人)の食事に
「ライスカレー」があつたとか、なかつたとか。

結局、よくわからないんですね。
さらに、「ライスカレー」だつたものが、
「カレーライス」と呼ばれるやうになつた事情も曖昧。

同じものを2通りの名称で呼んでゐたことになるのですが、
ややこしいことに、分類されてゐたこともあるやうです。

「ライスカレー」:ご飯とカレールーが同じ皿に盛られたもの
「カレーライス」:ご飯とカレールーが別々に盛られたもの

カレー専門店では別々に盛られたものもありますが、
一般家庭で別々に盛ることはあまりないでせう。

うちで食べるカレーもご飯とカレールーを同じ皿に盛り、
それを「カレーライス」と呼んでゐます。
子供の頃から、さうでした。

うちの奥さんが逝つた後は、盛り付けを変更して、
大きなラーメンどんぶりでカレーライスを食べてゐます。
お代はりの手間を省くため大盛にするのですが、
皿だとあふれてしまふからです。
従つて、現在、うちのカレーの定義は次のやうになります。

「カレーライス」:ご飯とカレールーが同じラーメンどんぶりに盛られたもの


*******
カルキ(Kalki)/ Varanasi










# by hikihitomai | 2019-09-04 21:00 | 物見遊山
雨あがり



c0069055_17010505.jpg



*******
サミュエル・バーバー(Samuel Barber)/ 神の子羊










# by hikihitomai | 2019-09-03 21:00 | 物見遊山