人気ブログランキング |
カテゴリ:未分類( 170 )
α55との蜜月



c0069055_17330828.jpg



東京国際フォーラム、ガラス棟。7階の通路で撮影。
レンズは、"SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM"。
焦点距離8mm(12mm相当)。

------------------------------------------

デジカメ SONY "α55"(型番:SLT-A55V)を購入して8年。
長い付き合ひになつた。
今後も、可能な限り使ひ続けたい。

とはいへ、カメラ本体はかなりくたびれてゐる。
撮影に支障はないけれど、所々、合皮が剥がれ、
あちこちの文字が消へかかつてゐる。
シャッターボタン周辺は色落ちが著しい。

買ひ換へも考へてはゐるけれど、悩ましいのである。

所有するレンズを活かすなら、カメラは "α77 II" の一択。
現行品で APS-C の Aマウント機はそれしかないから。
しかし、いまさら2014年製のカメラに買ひ換へるのもね。

必然的に、カメラの買ひ換へはレンズの新調を伴ふことになり、
レンズを新調する以上、カメラは SONY でなくてもいいのであつて、
さうなると、選択肢が多すぎて悩ましい。

どのメーカにするか、
ミラーレスにするか一眼レフにするか、
APS-Cにするかフルサイズにするか、
いつそのことレンズ一体型にするか。

最適解を求めようとするから悩みが生じる。
最適解と言つても線形計画問題のやうな計算はできない。
簡単に解決しさうにないが、悩むのはイヤぢやない。
それも趣味(楽しみ)のうちだし。
急ぐ必要はないのだから、長く楽しむためにも、
現用の "α55" には引き続き頑張つてもらひたい。


*******
クイーン(Queen)/ 手をとりあつて










by hikihitomai | 2019-09-09 21:00
玉乃光 純米吟醸 夏生 祝100%-REX



c0069055_18355620.jpg



四合瓶1,490円(税込み1,609円)
原料米:京都府産(祝)
精米歩合:60%
アルコール度数:16度

玉乃光は、八重洲に直営店があり、
一時期よく飲みに行つてました。
この酒蔵は、戦時中や戦後の米不足で、
いはゆるアル添酒がバッコしたのを憂ひ、
1964年、純米酒を復活させたのだとか。
現在は純米吟醸酒と純米大吟醸酒だけをつくつてゐ蔵です。

今回購入した酒は「祝」といふ名のお米が原料。
果物風の香がありますが、
お米の旨味(甘味)たつぷり。
冷やすとクイクイいけちやふ危険な酒です。


*******
オスカー・ピーターソン(Oscar Peterson)/ You look good to me










by hikihitomai | 2019-08-13 21:00
「総乃九十九里」純米吟醸 無濾過生酒-REX



c0069055_21454659.jpg



四合瓶1,350円(税込み1,458円)
原料米:国産米(銘柄表記なし)
精米歩合:60%
アルコール度数:16度

際立つた特徴がないので、
酒だけで飲み比べたら見劣りするかも。
でも、この酒はご飯に合ふから、私は好きです。


*******
リロイ・ビネガー(Leroy Vinnegar)/ Walkin'










by hikihitomai | 2019-08-06 21:00
「獺祭」純米大吟醸45-REX



c0069055_14463026.jpg



一升3,000円(税込み3,240円)
原料米:山田錦
精米歩合:45%
アルコール度数:16度

純米大吟醸50 の後継商品だとか。
純米大吟醸45 は割安感がある。
純米大吟醸39 が4,620円(税込み4,989円)だから。

獺祭は50がいつもの酒であつた。
思ひつきで39、まれに23といふ飲み方。
45は、薄つすらと辛さを感じる。
これまでの獺祭とは異なる印象。
気のせいかな。


*******
リー・コニッツ(Lee Konitz)/ You'd be so nice to come home to










by hikihitomai | 2019-07-08 21:00
「若鶴」純米大吟醸50「瑤雫」無濾過生原酒-REX



c0069055_15354345.jpg



一升3,400円(税込み3,672円)
原料米:雄山錦
精米歩合:50%
アルコール度数:17度

「苗加屋」と同じ若鶴酒造の酒。
蔵の人が試飲販売してました。
「瑤雫(ようのしずく)」は、
玉のやうに美しい雫といふ意味。
飲みなれた「苗加屋」純米吟醸無濾過生原酒と比べると、
こちらの方がキレがよく、軽やか。
名前のとほり上品な味はひです。


*******
ソニー・クリス(Sonny Criss) / Summertime










by hikihitomai | 2019-06-24 21:00
続・飛行機を見上げた日



c0069055_18221023.jpg



遊覧船の屋上デッキで飛行機を眺めた件の続き。
某社の女子社員と意外な話題で盛り上がりました。
「ベルサイユのばら」です。

彼女はうちの末娘と同じくらゐの年頃で、
屋上デッキまで何度もビールを運んでくれた人です。
船酔ひしさうだから給仕役に徹して、
気を紛らせてゐたのだとか。
話し相手に私を選んだのは給仕役に飽きたからでせう。

趣味の話になつたとき、
ファンを自称する彼女はベルばらを熱く語りました。
マリー・アントワネットが大好きださうです。
「女々しさ」がたまらないのだとか。
抱きしめてあげたい、と。
おもしろい娘さんです。

さんざん語つておきながら、
「ベルばらに興味ありますか?」
と問ふので、笑つてしまひました。

私はベルばらに興味を持つたことはないのですが、
ヴァレンヌ事件のことなら少しだけ知つてゐました。
当ブログに駄文を投稿したことがあります。( こちら

それで、ヴァレンヌ事件をどう思ふか尋ねてみました。
恰好の材料を提供してしまつたやうです。
語るわ語るわ。
頭上を飛行機が通過したときも、
轟音の中、彼女は語り続けました。

私が「フェルセン」の名で覚えてゐるスウェーデン貴族を
彼女は「フェルゼン」と発音しました。
本来どのやうな発音なのか知らないのですが、
「フェルゼン」と濁るのはドイツ語風の読み方でせう。

スウェーデンの女子カーリング選手で、
平昌五輪の金メダリスト「アンナ・ハッセルボリ」は、
名前を英語風に読むと「ハッセルバーグ」になります。
それと同じやうな事情だと思つたんですが、違ひました。

彼女が「フェルゼン」と発音するのは、
ベルばらに「フェルゼン」と書いてあるからださうです。
なるほど、カタカナで「フェルゼン」なら、
それ以外に読みようがありません。


*******
MJQ / Vendome










by hikihitomai | 2019-06-17 21:00
30年目の5月35日



c0069055_21285859.jpg



天安門事件について書き殴つてゐたら、
どこかで読んだことがあるやうな文章になりました。
調べてみたら、昨年、自分が投稿した駄文にソックリ。
この件に関して固定観念化してるやうです。
さういふわけで、あらためて投稿するのはやめて、
リンクを貼ることにしました。
昨年の投稿は こちら


*******
ヴェルディ(Giuseppe Verdi) / マクベス序曲
何度かリンクしてゐる動画。
物語のモデルとなつたのは、
11世紀のスコットランド王マクベス。
原作はシェイクスピア。

国王を謀殺してその座についたマクベス。
自分も何者かに謀殺されるのではないかと不安に苛まれる。
玉座を守るためには謀殺を繰り返すしかない。
心の拠り所は魔女の予言。
「女の股から生まれた者はマクベスを倒せない」
女から生まれなかつた人間などゐないのに、
それでも一抹の不安を拭ひ去ることができない。
そんなマクベスを倒したのは、マクダフ。
彼は母体を破つて(帝王切開で)生まれたのでした。

11世紀頃、あるいはシェイクスピアの16世紀頃、
今でいふ帝王切開による安全な分娩術は確立してませんでした。
それゆゑ、マクベスを倒す者が母体(母の腹)を破つて生まれた、
といふ一節が象徴的であり、示唆に富むやうに思ひます。

で、何が言ひたいのかつて?
決まつてるぢやありませんか。










by hikihitomai | 2019-06-04 21:00
母の運転免許



c0069055_18291599.jpg



母の日の贈り物について希望を聞いたら、
「花はいらない、喰へないから」
しばらくして「やつぱり、花がいい」

「綺麗なアタシは綺麗な花が好き、知つてるだろ?」
目をあけたまま寝言を言つたので、
聞こへなかつたことにした。

本人いはく、
「目が細くて団子鼻なのにこんなに美人なのは奇跡」
きちんと現実が分析できてゐるのに、評価が間違つてゐる。

母は80歳。
一昨年、子供たちの意見を渋々受入れて車の運転をやめた。
免許証は返納しなかつたのだが、
今年3月、更新手続きをせず有効期間が満了した。

母は運転免許を誇りにしてゐた。
たかが運転免許で大袈裟だと思はれるかもしれませんが、
まあ、聞いてください。

話は、1971年、私の父親が病死したことに遡る。
5年生の私を筆頭に3人の子を持つ母は、働きに出た。

はじめはスーパーでパートタイム。
その後、たまたま Mさんと知り合つたことで、
定職に就くことができた。
いつしよに働かうよと誘はれたのである。

ちなみに、小学3年生だつた妹は、
十数年後にMさんを「お義母さん」と呼ぶことになる。
妹の配偶者(Mさんの息子)は私と同じ高校の2年先輩で、
年上の「義弟」となつて今日に至る。

めぐり合はせのアヤを思はずにはゐられないのだが、
それはさておき、
母が Mさんから誘はれた仕事は損害保険の代理店。
いはゆる保険のおばさんである。
定職を得るチャンスに、母は尻込みをした。
読み書きがほとんど出来なかつたからである。

貧しい家庭で育つた母は、子供のころ下働きに出され、
戦後の混乱期が重なつたこともあり、
まともに学校に通はせて貰へなかつた。

Mさんは、そんな母を励ました。
「口がきければ仕事はできる」
強引に就職させたのである。

会社に提出した母の履歴書は私が代筆した。
それを知つたMさんは、数冊の手引書を示して言明した。
「キミが覚えてお母さんに教へてあげなさい」
それで、火災保険や自動車保険について、
保険料率の算定や見積書の作成を手伝ふことになつた。

手伝ふといつても、
手引書のとほりに事務処理(計算)するだけだから、
文字が読めれば小学生でもできる。
意味がわからず辞書を引いた言葉は
「約款」くらゐしかない。

つまり、小学生にもできるやうなことに難儀するほど、
母は読み書きが出来なかつたのである。

それでも、必要に迫られて文字を覚え、
仕事で車を使ふため運転免許も取得した。
もちろん、私たち3人の子供を育てるためである。
そして、まともに義務教育を受けてないけど運転免許が取れた、
といふのが母の誇りなのである。

だから、もつと誇つてもいい。
並大抵の努力ではなかつたのだから。
美人ぢやないけどね。


*******
スパイス・ガールズ(Spice Girls)/ Mama










by hikihitomai | 2019-05-13 21:00
「菊姫」山廃純米無濾過生原酒-REX 今季飲み納め



c0069055_22352912.jpg



一升3,400円(税込み3,672円)
原料米:山田錦
精米歩合:70%
アルコール度数:19度
冬季限定。

昨年10月頃から今年3月まで、
わりと多くの日本酒を飲んだ。
その中で最も旨いと思つたのが、
この「菊姫」山廃仕込 純米 無濾過生原酒。
値段もちよつと高いけどね。

家飲みでは一日二合までと上限を決めてゐるのだが、
「冬季限定だから」この酒に限り制限を解除。
都合のいい理屈である。
幸ひ、冬季は総じて体調が良かつたこともあつて、
日本酒を堪能できた。

在庫を飲み切れば、今季は終了。


*******
ジョン・コルトレーン(John Coltrane)/ Giant steps











by hikihitomai | 2019-04-17 21:00
ディラックの詩



c0069055_19115913.jpg



上野、東京文化会館。
「バレエ・リュス(ロシア・バレエ団)」の看板。
時代はベル・エポック末期。
右からふたつは、ニジンスキー。

-----------------------------------------------

地下鉄の中吊りポスターに「メトロ文学館」がある。
一般公募された「詩」の中から入選作が公開されてゐる。
それを見て「詩」に関する積年の疑問が蘇つた。

疑問はふたつある。
ひとつ目は形式に関するもの。
散文を適当に改行すれば「詩」になるの?

ふたつ目は表現に関する根本的な疑問。
辞書に掲載されてゐるとほりの意味で言葉を使ふことが、
詩に限らず文章を書くときの大前提ぢやないの?

それが無視されたら、読む側は理解できない。
特定の言葉に特別な意味合ひを持たせるのであれば、
それがわかる工夫を施さないと、
読む側にはチンプンカンプンである。

物理学者の至言がある。

「誰も知らない事を誰でもわかる言葉で語るのが物理学だ。
 誰もが知る事を誰にもわからない言葉で語るのが詩だ。」

ポール・ディラックが、
ロバート・オッペンハイマーを揶揄した言葉である。

オッペンハイマーは早熟の天才で、
物理学者として「マンハッタン計画」を主導した経歴もある。
多彩な能力を発揮し、詩を愛好した。

そのオッペンハイマーを揶揄したディラックは
奇人で変人で変態で偏執的で、
美意識と信念の物理学者であつた。

物理法則は必ず数式で表現できるはずだと信じてゐて、
しかも、数式は美しく簡潔でなければならないとし、
両立しないときは美を優先すべきだとまで言つてゐる。
筋金入りの変態である。

ディラックは自分の美意識に基づき、
想像力と数学の技法を駆使して
「ディラック方程式」を導き出し、
量子力学の発展に貢献したのである。

ウェストミンスター寺院にディラックの記念碑があり、
そこには「ディラック方程式」が刻まれてゐる。

  i γ ・∂ψ = m ψ

最もシンプルな形式で表記された「ディラック方程式」である。
古代遺跡に記された文字のやうにも見へる。
記号は、虚数単位 i 、ガンマ行列 γ 、質量 m 、
偏微分 ∂(ラウンドディー)、波動関数 ψ(プサイ)。

便宜的に、といふか強引に「ディラック方程式」を
ディラックが書いた「詩」とみなすと面白い。

この「詩」は辞書を引く代はりに物理学を学べば理解できるから
「誰も知らない事を誰でもわかる言葉で語つた詩」
と言ふことができる。

誰でもわかる言葉で語ることは、
「理論」や「詩」が備へるべき要件の共通項である。
第三者に伝はらなければ、
「理論」も「詩」も成立しないのだから。


*******
Symphony of Science / The Poetry of Reality
何度かリンクしてゐる動画。
リフは、ドーキンス(Richard Dawkins)の言葉。
 There's real poetry in the real world
 Science is the poetry of reality










by hikihitomai | 2019-03-27 21:00