人気ブログランキング |
カテゴリ:物見遊山( 1262 )
911テロに関するゲスの勘ぐり



c0069055_15523777.jpg



2001年に発生した「911テロ」から18年。
謎が多く、米国による自作自演説(陰謀説)もある。
真相はわからない。

ありふれた考へ方だけれど、
「誰が得をしたか」でゲスの勘ぐりをすると、
最も怪しいのは当時のブッシュ大統領(いはゆる子ブッシュ)である。

テロの首謀者とされるウサーマ・ビン・ラーディンは、
事件当日、米国テキサス州にあるブッシュ家の別荘にゐた。
ブッシュ家とビン・ラーディン家は家族ぐるみの付き合ひだつたから。

事件当日、米国各地にゐた計24人のビン・ラーディンの一族を
国外に逃亡させたのはブッシュ大統領である。
米国の報道官や複数のマスメディアが指摘してゐる。

テロ発生で民間機の飛行が禁止される中、
チャーター機を使ひ、FBIも協力して、
国外に逃亡させたのだから国賓なみの「厚遇」といへるだらう。

トランプ候補(現トランプ大統領)も、
2015年の予備予選の討論会でその件を指摘してゐる。
ただし、討論相手がジェブ・ブッシュ(子ブッシュの弟)だつたから、
ブッシュ家を論難するのが目的で、
明確な証拠に基づく発言ではなかつたかもしれない。

ブッシュ家とビン・ラディーン家のつながりを示すものとしては、
1978年、子ブッシュが
アルブスト・エネルギー社(石油掘削会社)を設立したとき、
共同出資者に兄ビン・ラディーンがゐたことが挙げられる。
(代理人を経由しての出資)

カーライル・グループ(1987年設立の投資ファンド)の大株主には、
父ブッシュ(ファンドの顧問)と父ビン・ラディーンがゐた。
当時は米国の軍事産業に投資するファンドであつた。

ウサーマ・ビン・ラーディンは、
ニュース映像ではテロリストとしての姿ばかり報道されてゐるが、
財閥の御曹司である。
ビン・ラーディンの一族は巨大財閥を形成しており、
アラブの王侯貴族とも密接な関係を持つてゐた。
ブッシュ家に限らず、
ビン・ラーディンの一族と関はつた者は少なくないだらう。

911テロ後、アフガニスタン紛争やイラク戦争を通じて、
ブッシュ家とその取り巻きは軍需と石油で大儲けをして、
米国はそのオコボレにあづかつた(笑)。
ブッシュ家と米国は、いはゆる "win-win" の関係である。

そして、大量破壊兵器はなかつたとして、
テロ組織の掃討作戦といふ名の株価操作は終了した。
ゲスの勘ぐりだけどね。

ちなみに、自作自演による掃討作戦には前例がある。
(立案されたが、実行はされなかつた)

1962年、キューバのカストロ政権を倒すため、
米国統合参謀本部は「ノースウッズ作戦」を立案した。
フロリダ州で共産主義者がテロを起こしたと偽装し、
それを口実にカストロ政権を倒す作戦である。
ケネディ大統領が作戦を却下したため実行されなかつたが、
911テロの自作自演説(陰謀説)を連想させるシナリオである。

ただ、その手の陰謀話は、
昔から洋の東西を問はずたくさんあるから目新しさはない。


*******
Team America / America, Fuck Yeah!









by hikihitomai | 2019-09-11 21:00 | 物見遊山
既視感



c0069055_17454150.jpg




*******
ドビュッシー(Claude Debussy)/ 夢想
ピアノ演奏は、アリス=紗良・オット(Alice Sara Ott)。









by hikihitomai | 2019-09-10 21:00 | 物見遊山
カレーライス雑記



c0069055_20095728.jpg



「ハヤシライス」を「ライスハヤシ」とは言はない。
「ラーメンライス」を「ライスラーメン」とも言はない。
しかし、カレーには「カレーライス」と「ライスカレー」がある。

カレーライスは、インド料理がルーツ。
明治の初め頃、英国から日本に伝はつたのださうです。
インドから直接日本に伝はらなかつたのは、ふたつ事情があります。

ひとつ目は、インド料理をもとにして、
カレーとご飯(ライス)の組合せを考案したのは英国だから。
ふたつ目は、英国がインドを植民地支配してゐたから。

カレーライス伝来の背景には英国の帝国主義があつたんですね。
約2世紀に渡る植民地支配で2千万人以上が餓死したのだから、
インドにとつて暗黒の時代でした。
そんな時代に、英国から日本にカレーライスが伝はつたわけです。

日本のカレーライスは、
様々な肉や野菜を使ふなど独自の発展を遂げました。
その典型がビーフカレーでせう。
神聖な牛を喰ふなんてインドでは考へられない。

さう思つてゐたのですが、間違ひでした。
牛食禁止はヒンドゥー教徒で、インド人の約8割。
その他の人々が牛食OKだとすれば、
インドの人口は約14億人だから、2割でも約2億8千万人。
日本の人口の2倍以上の人々が牛肉を喰へることになります。
ビーフカレーがあつても不思議はありませんし、
実際、インドにはビーフカレーがあるさうです。

興味深いのは、インドの牛肉輸出量は世界有数だといふこと。
世界一だつたかもしれません。
ヒンドゥー教徒は牛肉輸出に一切関与してゐないのでせうか。
牛食禁止でも輸出OKだとしたら、
牛が神聖といふ前提が崩れてしまふ、
なんてことは余計なお世話ですね。
オトナの事情もあるでせうし。

英国から日本にカレーが伝来したとき、
不思議なことに「ライスカレー」と呼ばれたさうです。
英語では、"curry and rice" あるいは "curried rice" だから、
素直に翻訳すれば「カレーライス」になるはず。
なにゆゑ「ライスカレー」になつたのか。

「ライスカレー」の命名者は、
「少年よ大志を抱け」のクラーク博士だとする説があります。
しかし、なぜ「ライスカレー」としたのか理由はわかりません。

しかも、クラーク博士より早く、
ホーレス・ケプロン(北海道の開拓に貢献した米国人)の食事に
「ライスカレー」があつたとか、なかつたとか。

結局、よくわからないんですね。
さらに、「ライスカレー」だつたものが、
「カレーライス」と呼ばれるやうになつた事情も曖昧。

同じものを2通りの名称で呼んでゐたことになるのですが、
ややこしいことに、分類されてゐたこともあるやうです。

「ライスカレー」:ご飯とカレールーが同じ皿に盛られたもの
「カレーライス」:ご飯とカレールーが別々に盛られたもの

カレー専門店では別々に盛られたものもありますが、
一般家庭で別々に盛ることはあまりないでせう。

うちで食べるカレーもご飯とカレールーを同じ皿に盛り、
それを「カレーライス」と呼んでゐます。
子供の頃から、さうでした。

うちの奥さんが逝つた後は、盛り付けを変更して、
大きなラーメンどんぶりでカレーライスを食べてゐます。
お代はりの手間を省くため大盛にするのですが、
皿だとあふれてしまふからです。
従つて、現在、うちのカレーの定義は次のやうになります。

「カレーライス」:ご飯とカレールーが同じラーメンどんぶりに盛られたもの


*******
カルキ(Kalki)/ Varanasi










by hikihitomai | 2019-09-04 21:00 | 物見遊山
雨あがり



c0069055_17010505.jpg



*******
サミュエル・バーバー(Samuel Barber)/ 神の子羊










by hikihitomai | 2019-09-03 21:00 | 物見遊山
新50ポンド紙幣に思ふこと



c0069055_15070271.jpg



ニュースに、英国の天才数学者アラン・チューリングの名前。
英国の新50ポンド紙幣に、肖像が採用されるとか。

候補として、スティーヴン・ホーキングや
ポール・ディラックの名も上がつてゐたさうです。
チューリングが選ばれたのは、
ごめんねキャンペーンの一環でせうね。

戦時中、ドイツのエニグマ暗号の解読に貢献し、
コンピュータの動作原理の発案者でもある天才を
英国が葬つたやうなものだから。

1952年、同性愛で有罪(当時の英国では同性愛は犯罪)
1954年、自殺
2009年、英国政府による謝罪表明
2013年、エリザベス女王の名で恩赦
そして、今回の新50ポンド紙幣。

チューリングの死は自殺(青酸中毒死)と断定されてますが、
本当に自殺したのでせうか。
私は、国家といふ名の「魔女」の仕業ぢやないのかと疑つてゐます。
きつと今日も、魔女がリンゴを毒薬に浸してゐるでせう。
「永遠の眠りが浸み込むやうに」と。

戦後、英国は英国連邦の国々にエニグマ暗号を使はせました。
「解読不能」な暗号として、です。
エグイですねえ。
自国の利益のためなら何でもアリといふわけです。
さういふ英国なら、チューリングのひとりやふたり、、、

死後、半世紀以上も経過してからの「謝罪」や「恩赦」は
いつたい誰のためなんでせうね。
少なくとも、チューリングのためぢやないでせう。
なんて、書くまでもないか。


*******
サラ・マクラクラン(Sarah McLachlan)/ Blackbird










by hikihitomai | 2019-08-28 21:00 | 物見遊山
待ち時間



c0069055_15022262.jpg



スマートフォンなのに、何故スマホと言ふのだらうか。
スマフォとは言はない(書かない)のは何故?

類例はないかと10秒くらゐ考へたら、ありました。
テレヴィジョン(television)なのにテレビ。
テレヴィとは言はない(書かない)のは何故?

疑問を呈するだけで答がないと納まりが悪いけれど、
わからないものは書きやうがない。
ヴィトゲンシュタインが「論理哲学論考」で戒めてゐる。
「語りえぬものについては、沈黙せねばならない」

哲学とか、そんな大層な話ぢやありませんね。
大した話ぢやないついでに、
スマホとテレビの共通点について。
どちらも情報伝達の道具だけれど、
主な使用目的は暇つぶし、といふのが共通点。


*******
ウィントン・ケリー(Wynton Kelly)/ Keep it moving










by hikihitomai | 2019-08-26 21:00 | 物見遊山
風鈴



c0069055_16063701.jpg



*******
ジッタリン・ジン / 夏祭り










by hikihitomai | 2019-08-20 21:00 | 物見遊山
猛暑日



c0069055_16102693.jpg



*******
上條恒彦 / だれかが風の中で









by hikihitomai | 2019-08-19 21:00 | 物見遊山
蓮の池に正岡子規を想ふ



c0069055_23303790.jpg



不忍池に浮島式の通路が設けられ、そこで蓮を眺める趣向。
この場所には数年前まで「蓮見茶屋」があつた。
蓮を眺めつつお茶を楽しむ店である。

その名称で連想するのは、
江戸時代、不忍池の畔(ほとり)にあつたといふ出会茶屋。
「蓮茶屋」とか「池の茶屋」といふ名前だつたとか。

出会茶屋は今でいふラブ・ホテルみたゐなもの。
軽食が提供されたさうだが、
もちろん利用客の目的は食事ではない。
極楽浄土の花が咲き乱れる池の畔で、
現世の極楽を過ごしたのである。

もともと、不忍池といふ名前は、
男女が忍んで逢つてゐたことに由来するとの説もある。

「極楽は赤い蓮(はちす)に女かな」 正岡子規

明治時代、根岸に暮らした正岡子規は、
近所の不忍池に出会茶屋があつたことを知つてゐただらう。
それを念頭に一句詠んだのだ、といふのは勝手な想像。

ついでに、もうひとつ勝手な想像。
結核に苦しみながらも、
頭の中に思ひ描いた極楽で女と戯れながら詠んだのが次の一句。

「睾丸をのせて重たき団扇哉(うちわかな)」 正岡子規


*******
ダリダ&アラン・ドロン(Dalida, Alain Delon)/ Paroles, paroles
邦題は「あまい囁き(ささやき)」。










by hikihitomai | 2019-08-14 21:00 | 物見遊山
暑いと言はぬ文化



c0069055_21464902.jpg



「惜しめども とまらぬ春の あるものを いはぬにきたる 夏衣かな」
 新古今和歌集、素性法師(そせいほうし)

季節の移ろひを歌つた一首。
惜しんでも春は行つてしまふのに、
来てくれと頼んだわけでもないのに夏が来て、
夏衣を着てゐる。

夏を厭ふだけでなく、ユーモアもありますね。
作者は春が行くのを惜しんでゐたのに、
夏が来れば来たでそれなりに過ごしてゐるお調子者。
さう解釈して面白がつてゐます。

春を待ちわび、春を謳歌し、秋に憂ひ、冬を慈しむ。
さういふ歌人たちが夏の暑さを直接的に
表現した歌はあまりないのだとか。
たとへば八代集の場合、
夏は暑いと詠んだ歌は2首しかないさうです。

 八代集は、平安時代中期から鎌倉時代初期に
 かけて成立した八つの勅撰和歌集のこと。
 成立順に、
 古今和歌集、後撰和歌集、拾遺和歌集、後拾遺和歌集、
 金葉和歌集、詞花和歌集、千載和歌集、新古今和歌集。

古今和歌集(905年)から新古今和歌集(1205年)に至るまで、
300年に渡つて撰集された歌は合計で、9425首。
その中に、夏は暑いと詠んだ歌は2首しかないのだから、
いはゆる「有意な傾向がある」と言へるでせう。

などと偉さうに書いてますが、
肝心の2首を提示することができません。
その2首を思ひだしたからこの駄文を書き始めたのに、
書いてゐるうち忘れてしまひました。

をかしな記憶力ですね。
八代集はスラスラと羅列することができたので、
まだボケてゐない筈なのですが。
ムネーモシュネーの女神に嫌はれてゐるのかも。

それはさておき、夏は暑いと詠んだところで
人々から愛される歌にはなりにくいでせうね。
みな、暑さにウンザリしてるから。
それで、歌人は暑さ以外に夏の興趣を求めたのでせう。

清少納言は枕草子に四季それぞれの趣きを書いてます。
夏は夜がいいと断言してゐて、暑さには触れてません。

「夏は夜。月のころはさらなり、闇もなほ、
 ほたるの多く飛びちがひたる。
 また、ただ一つ二つなど、
 ほのかにうち光りて行くもをかし。」

加へて、冬は早朝に趣きを感じるさうです。
「冬はつとめて。雪の降りたるは、言ふべきにもあらず(以下略)」

夏の暑さを敬遠し、冬の寒さを受け入れる姿勢は、
吉田兼好の徒然草も同様です。

「家の作りやうは、夏をむねとすべし。
 冬は、いかなる所にも住まる。
 暑き比(ころ)わろき住居(すまひ)は、
 堪へ難き事なり。」

夏の暑さが凌げる家にするのが肝要、
冬の寒さはなんとかなるが、暑い家はタマラン、と。

現代は、エアコンがあるから
屋内の暑さ対策は容易になりました。
あとは涼しくなつた部屋で何に夏の興趣を求めるか。
それは、まあ、八代集の頃も現代も、
興味が向く方角に大きな違ひはないでせう。

といふわけで、西東三鬼の俳句。
夏の歌ですが、もちろん
暑さを詠んだものではありません。

「おそるべき君等の乳房夏来る」
「中年や遠くみのれる夜の桃」


*******
モービー(Moby)/ Summer










by hikihitomai | 2019-08-07 21:00 | 物見遊山