人気ブログランキング |
<   2008年 04月 ( 21 )   > この月の画像一覧
綿毛
c0069055_2165859.jpg

愛用のデジカメDSC-H1は、
クローズアップ・レンズを使用すると、
最短撮影距離33センチで、光学12倍ズームが使える。
換算すると焦点距離432mm相当であるが、
物理的な焦点距離は72mmだ。

一眼レフカメラでいうマクロ撮影に該当するのだろう。
DSC-H1の場合は、クローズアップ・レンズを装着し、
メニューでその旨を指定する。
c0069055_20583450.jpg

「愛用のデジカメ」と書いてふと思ったのであるが、
DSC-H1を使っている人は、何人くらいいるのだろうか。
高性能化が著しく、新製品が次々と発売されるデジカメにあって、
DSC-H1は2005年発売の古い商品であり、
名機の評判があるわけでもないから、
使用者が少ないことは想像に難くない。
愛用者となるともっと少ないだろう。
c0069055_2174771.jpg

で、クローズアップ・レンズを装着すると、
かなり寄ることができる。
撮影倍率は不明だけれど、とにかく
小さなものを大きく撮影できるのが長所である。

反面、色のにじみが顕著で、解像度が低く、発色も悪い。
レンズとしては短所ばかりが並んでしまうシロモノだ。

けれど、小さな被写体を狙うのは楽しい。
草むらにうずくまって、何か面白いものはないかと物色している。
落としたコンタクト・レンズを探すときは
こんな目つきになるのだろうと想像しつつ。。。

*******
ジュディ・コリンズ(Judy Collins) / Both sides now
by hikihitomai | 2008-04-30 21:21 | 植物
阪神タイガース
c0069055_18294584.jpg

今年の阪神タイガースは強い、
と思わせる戦いぶりで、
優勝を期待できる勢いがあったのに、
春の連休後に失速してしまったシーズンが何度もある。

ずるずると順位が下がり始めると、
気の早いファンは来シーズンに思いを馳せる。
遠くを見るような目で。

それは本当のファンではないと怒る人もいるけれど、
今年のわずかな可能性に希望を託すのも自由、
来年を夢想するのも自由。
百人百様でいいではないかと思うのは、
私も遠くを見るような目になるクチだから。

さて、ここまで首位を維持している阪神タイガース。
このあとどのような展開になるのやら。

*******
ビージーズ (Bee Gees) / How deep is your love
by hikihitomai | 2008-04-29 18:40 | 生き物
柏レイソル
c0069055_22553627.jpg

4月から、再び柏市で暮らすようになったので、
これを機会に柏レイソルのサポータ(自称)になった。
サポータといっても何をするわけでもない。
折りにふれ、柏レイソルを気にするという程度だ。

縁側でお茶をすすりながらレイソルに思いを馳せる、
そういうサポータがいてもいいだろう。
熱狂や興奮の対極に位置できれば、
サッカーファンの新境地をひらくことになるやもしれぬ。

ひざに乗せた猫の背中を撫でて、
静電気をパチパチいわせながらサポータをマットウしたいものだ。

ところで、サッカーチームの運営が、
市の財政を圧迫しているそうで、その方面ではナニかとアレのようだ。
日立柏サッカー場の改修工事もままならぬようだし。
肝心のチームも、あまり成績がよろしくない。

しかし、そんなことでクジケルようなサポータ(自称)ではないのだ。
と言える程の応援はしていないので、少し控えめにしておこう。
まあ、逆風のひとつやふたつは吹くだろう。

と思っていたら選手が逮捕されるという逆風が吹いた。
柏レイソル唯一の日本代表候補が逮捕されてしまった。

住居に侵入し、窃盗を働いたらしい。
盗んだのは下着だ。
確かに逆風ではあるが、微妙な逆風ではある。

こう言うと語弊があるかもしれないが、たとえば、
重責のプレッシャーに負けて麻薬に溺れてしまったという方が、
サポータ(自称)としては理解しやすかった。
二度とそんなものに手を出すなバカヤローと怒ったあとは、
再起に期待するのが一般的なファン気質であろう。

しかし、下着となるとちょっとアレだ。
ベクトルが異なるというか。。。

サッカーは勝負事だから、
チームがピンチのときは、勝利が特効薬になるそうだ。
たとえ内容が悪くても、勝てば次につながるものだという。
けれど、今回の微妙な逆風に関しては、
勝利が特効薬にはならないような気がする。
c0069055_22555261.jpg

*******
ホール&オーツ(Hall & Oates) / Maneater
by hikihitomai | 2008-04-28 23:29 | 物見遊山
撮影雑感
c0069055_18315543.jpg

4月のはじめ、漠然とではあるが計画をたてていた。

季節も丁度いいことだし、
「あけぼの山農業公園」でチューリップを撮影しよう。
「柏の葉公園」で桜を撮るのもいい。
近隣には、野田市の「清水公園」や、
松戸市の「21世紀の森と広場」もある。

blog再開時にそれらの公園で撮った写真をアップロードしよう。
そう思っていた。

けれど、その計画は実行されずに終わった。
なぜか出かける気にならず、
いわゆる撮影意欲も減退気味だ。

気持ちを奮いおこして出かけるものでもないし、
義務感をもって撮影するのはガラじゃない。
blogが撮影の張りになっているのは事実だけれど
blogのために撮影しているわけでもない。

では何のために撮るのかといえば、
それは自分でもよくわからないし、
理由を考えてもあまり意味がなさそうな気がしている。

などという具合にグダグダ考えるのは、
撮影に関して倦怠期なのかもしれない。

*******
オリビア・ニュートン・ジョン(Olivia Newton-John)/ Have you never been mellow
by hikihitomai | 2008-04-27 18:53 | 植物
衝動
c0069055_1985759.jpg

穏やかな音楽を聴く機会が増えた。
枯れた味わいを楽しめるようになったともいえるが、
激しい音楽は体が受け付けなくなりつつある。
残念ながら、認めざるをえない。

それでもときどき、情熱的な音楽を聴きたくなる。
まだ衰えきっていない証でもあり、
同時に、若さへの未練なのかもしれない。

*******
Przemyslaw Haluszczak(ギター) / Rompeserones(作曲:Moraito)
by hikihitomai | 2008-04-26 19:15 | 植物
サル電話
c0069055_23154933.jpg

使い慣れないケータイに、
見覚えのない番号の着信履歴があった。
0120で始まる不可解な番号だ。
気味が悪いので、検索してみたら、
携帯キャリアからの案内であることが判明。
まったく、人騒がせな案内だ。

それはさておき、
ケータイをマナーモードのまま放置しているから、
履歴を知ったのは着信の数日後であった。

カバンや上着のポケットの中に入れておくと
マナーモードでは着信に気が付かない。
気が付かないばかりか、
ケータイを持っていること自体を忘れているから
着信を確かめようという気持ちも起こらない。

緊急連絡用という名目でケータイを所持したのに、
これでは役に立たない。
せめて一日一回くらいは着信を確認しようかしら。

そんなアリサマだから、一度充電すると、
スペックどおりバッテリーが2週間もつ。


*******
Daft Hands / Harder, Better, Faster, Stronger
Daft Bodies/ Harder, Better, Faster, Stronger
Daft Punk のオリジナル版もあるけれど、映像(アニメ)がイマイチなので割愛。
by hikihitomai | 2008-04-25 23:59 | 生き物
聖火リレー
c0069055_212326.jpg

今週末、北京五輪の聖火リレーが長野で実施される。
世界各地で騒ぎが起こっている聖火リレーだから、
長野では警備のため多くの警官が動員されるそうだ。

善光寺がスタート地を辞退したり、
第一走者以外は走る順番が未公表だったり、
式典の時間を短縮したり、
一般客が出入りできる区域を大幅に制限したり、
関連するイベントを中止したり。。。

こうなってしまうと聖火リレーというより、
国際的な「ババ抜き」ですね。


*******
ドビュッシー(Debussy)作/ シランクス(Syrinx)
牧神パンに追い回されたシランクスは、
逃げ惑ううちに葦に姿を変えてしまった。
悲しんだパンはその葦で葦笛(シュリンクス・パン・フルート)を作った、
というギリシャ神話。
by hikihitomai | 2008-04-24 21:38 | 物見遊山
メガネ
c0069055_23535464.jpg

風呂に入るときはメガネをはずす。
レンズ表面のコーティングを守るためだ。

ときどき、メガネをかけたまま入浴してしまうので、
メガネをはずすのを忘れないように
頭の中でメガネメガネと繰り返した。
それで安心してしまったようで
メガネをかけたまま入浴していた。
レンズが曇ったのでメガネの存在に気が付いた。

ボケるにはまだ早いと思いつつ、
風呂あがりにPCでニュースを検索していたら、
なんだか文字が読みにくい。
メガネをはずしたままだったのだ。


*******
クリス・コナー(Chris Connor)/ Spring is here
by hikihitomai | 2008-04-23 23:59 | 物見遊山
IE7はイマイチ
c0069055_2224379.jpg

今更ではあるが、
WindowsXP用のIE7(Internet Explorer7)を試した。
Firefox2を常用しているが、
相応のメリットがあればIE7に乗り換えるのはヤブサカでない。
ヤブサカではないのだけれど、
結論から書くとIE7はアンバイが良くない。

まず、メリットを云々する以前の問題として、
IE7は唐突に終了してしまうという不可解な現象が起こる。
通信に関わるPCの設定値を色々と変更しているから
IE7の不具合とは言い切れない。
けれど、同じ環境でFirefox2は問題なく動いているのも事実。

IE7が落ちるときの傾向として、
複数のウィンドウを開いている状態で、
ひとつのウィンドウを閉じようとしたとき、
すべてのウィンドウが閉じられてしまうことがある。

興味本位であれやこれやと検索する際は、
複数のウィンドウを開き、
それぞれに複数のタブが存在している。
私にとってはごく一般的な使い方であるから、
その使い方で不可解な現象が起こるのは困りものだ。

前述のとおり、PC環境に問題があるのかもしれない。
ただ、仮にその問題をクリアできたとしても、
現状ではIE7を使うメリットが感じられない。

というのも、Firefox2の方が
検索に関する操作が簡便だからである。
たとえば、よくあるケースとして、
表示中のページの中に調べたい言葉があった場合、
それをキーワードに検索するのはFirefox2の方が簡単なのだ。

Firefox2は、
調べたい言葉をマウスで選択し、
右クリックして「googleで検索」を指定すれば済む。
このとき、マウスによる操作は3回。

一方、IE7はその言葉をコピー&ペーストで検索枠に入力してから、
検索ボタンをクリック(またはEnter打腱)しなければならない。
マウスの操作回数は5回だ。
しかも、新しいタブで開きたいときはALTキーを押しながら
検索ボタンをクリック(またはEnter打腱)しなければならない。

芋づる式に検索することが多い私には、この違いは大きい。
実際、Firefoxでの検索方法に慣れてしまうと、
IE7の検索枠方式は面倒だ。

そういったわけで、IE7(WinXP用)は不採用とし、
引き続きFirefoxを常用することにした。

そうはいっても、Firefoxが万全というわけでもないのが悩ましい。
サイトによっては、ページが正しく表示されないことがあるのだ。
そういうときは、アドオンの「このページをIEで開く」が重宝する。
IEにしか対応していないサイトがある限り、
このアドオン機能は手放せない。
c0069055_2225580.jpg

*******
バグルス(The Buggles ) / Video killed the radio star
泡、泡。
by hikihitomai | 2008-04-22 22:22 | 植物
一木一草
c0069055_2252945.jpg

昨日、近所の道端で撮影していたら、
小学生くらいの女の子に声をかけられた。
「オジサン、何してるの?」
もっともな質問である。
道端でうずくまっていれば不思議に思うだろう。

色あざやかな花が咲いているわけではなく、
よく見ないと目につかないような
小さな植物を撮影していたのだ。

私の返事を待たずに女の子は続けた。
「アタシねえ、この近くで50円拾ったんだ」
袖を引っ張られるまま、私は現場に連れていかれた。
「ここに落ちてたの」

私は何か気の利いたことを言おうとしたが、
そんな気持ちが当方にあることを知ってか知らずでか、
「じゃあねぇ」と言い残して女の子は去った。

*******
ジョー・コッカー(Joe Cocker ) / You are so beautiful to me
by hikihitomai | 2008-04-21 22:21 | 植物