人気ブログランキング |
<   2008年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧
サルのカーゴ・カルト
c0069055_22545740.jpg
手賀沼



今朝の新聞各紙一面記事は、政府の追加経済対策。
大規模な経済対策を実施するとともに、
3年以内を目途に消費税率を引き上げるという。
日本経済の症状は全治3年ということか。

麻生総理がいう「百年に一度の危機」にしては、
全治3年では回復が早いように思えるのは気のせいかしら。

政府が出した処方箋は、お金をばらまいたあとで増税。
毎度おなじみの「朝三暮四」政策である。

ドングリが朝3個で夕方4個じゃイヤだけれど、
朝4個で夕方3個ならOKというのが、朝三暮四のサル。
先にばらまいて、後で増税するのがOKであれば、
日本国民は朝三暮四のサルと同じってこと。

一世帯約6万円の給付金を喜ぶ人がいるとすれば、
その人は政府お墨付きの朝三暮四ザルであり、
総額27兆円規模のばらまき予算で景気が回復するなら、
日本がサル社会であることの証明になるだろう。

サルといえば、幸島(こうじま)のニホンザルは
サツマイモを水で洗ってから食べることが観察された。
とても文化的なサルである。

研究者は、最初にイモを水で洗ったサルに「イモ」という名前をつけた。
そのサルはメスなのだから「イモ」はないだろう。
もうちょっと可愛らしい名前にしてあげれば良いのにと思うが
それはさておき、幸島の研究者にならって、
経済学者は麻生総理に特別な名前を進呈したらどうだろうか。
たとえば「ヘリコプター」とか。

「ヘリコプター」とはヘリコプターマネーのそれ。
麻生総理がいう「未曾有の危機」に対して、
未曾有のばらまきを行なうのだから、ふさわしい名前だと思う。
今回の経済対策が実施されたあかつきには、
私は麻生総理をヘリコプター総理と呼ぼうかと思う。

歴代の総理がそうであったように麻生総理もそうであり、
そして未来の総理も経済危機に直面する度に、お金をばらまくのだろう。
そうやってばらまきが繰り返されると感覚が麻痺して、
日本中が朝三暮四ザルであふれる日が来るかもしれない。

朝三暮四ザルは、空を見上げて待ち続けるのだ。
いつの日か、ヘリコプターに乗った総理が現れて、
空からお金をばらまいてくれるだろう、と。
イモを水で洗うことも忘れ、
草や木片でヘリコプターの模造品を作ることに熱中し、
腕にヘリコプターを意味する「H」の刺青を入れては悦に入る。

それを「朝三暮四ザルのカーゴ・カルト」という。


*******
J・S・バッハ / 無伴奏チェロ組曲第1番プレリュード
チェロ奏者はヨーヨー・マ(Yo-Yo Ma)。
by hikihitomai | 2008-10-31 23:31 | 物見遊山
蝶 在庫処分 その2
c0069055_224905.jpg
近所の花壇





c0069055_22501065.jpg
近所の花壇





c0069055_22511386.jpg
あけぼの山農業公園 梅園付近






c0069055_2252198.jpg
あけぼの山農業公園 コスモス畑





c0069055_22522949.jpg
あけぼの山農業公園 水生植物園付近


*******
エルトン・ジョン(Elton John) / Your song
by hikihitomai | 2008-10-30 23:08 | 生き物
ワールド・ベースボール・クラシック
c0069055_2223495.jpg

WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)は、
前夜祭として、日本チームの監督選任でドタバタ劇。
日本のプロ野球に未来がないことが、よくわかった。

WBCは米国大リーグを発展させるためのスカウト・キャラバンだ。
そんなことは誰の目にも明らかなのに、
日本のプロ野球界は監督選任でドタバタ劇。
ピントが外れすぎていて、茶化す言葉もない。

米国大リーグ界は、
バスケやアメフトの人気に押され気味だから、危機感をつのらせている。
だから、チームの経営や選手の育成など、
様々な分野にわたって、国際的な視野での戦略を展開している。
メディア戦略もそうだし、WBCもその一環だ。
日本のプロ野球界にはそういった大局観がないから、
アサッテの方角を向いて、ドタバタ騒ぐしかない。

極論すれば、スカウト・キャラバンであるWBCを成功させることは、
米国大リーグの発展に寄与することであり、
同時に、日本のプロ野球が米国大リーグの予備軍になることを意味する。
既に予備軍化しているが、それを確かなものにするのがWBCである。
日本のプロ野球界はそれを望んでいるのだろうか。

ドタバタ騒いだ挙句、日本チームの監督が決まった。
コミッショナーや現役監督などが参集したのに、
結局、某新聞関係の老人が決めた人事だというから、
象徴的な出来事といえるだろう。
日本のプロ野球界は「巨人、大鵬、玉子焼き」の時代と
本質的には何も変わっていないようだ。

まあ、そんなアリサマだから、
米国大リーグの予備軍になれただけでも幸運なのかもしれない。
有力選手が新天地を求めて渡米するのも、もっともな話である。
日本のプロ野球界では、選手のキャリアパスにも限界があるしね。

渡米組の代表格であるイチロー選手は、
WBCで日本チームが勝つことにこだわっている。
監督人事にも間接的に注文をつけるなど、相応の影響力を発揮している。
当人の意向がどこにあるのかは知らないが、
その意向に関係なく、スカウト・キャラバンにとって、
イチロー選手は都合の良い存在である。

なぜなら、日本側が勝つことにこだわれば
有望な選手が日本代表としてWBCに出場するからだ。
スカウト・キャラバンにとっては願ったり叶ったり。

つまり、勝つことにこだわるイチロー選手は、
スカウト・キャラバンにとって、都合の良い人寄せパンダなのである。

*******
ジョン・コルトレーン(John Coltrane) / Wise One
by hikihitomai | 2008-10-29 23:01 | 物見遊山
蝶 在庫処分 その1
c0069055_21483649.jpg
21世紀の森と広場






c0069055_2149320.jpg
柏の葉公園






c0069055_2150634.jpg
増尾城址公園付近の草むら


*******
シャカタク(Shakatak) / Night birds
by hikihitomai | 2008-10-28 22:13 | 生き物
見解の相違
c0069055_217140.jpg

素麺屋の旦那が仕事着のまま和尚さんを訪問したのは、
作りたてのぼた餅を温かいうちに食べてもらいたい一心からであり、
着替える時間を惜しんだからに違いない。
他意はないと思う。
まして、自分の仕事に誇りを持っているという理由で
意識的に仕事着で出かけたものでもないだろう。

であれば、和尚さんはわざわざ正装(法衣)に着替えるのではなく、
何をおいても、まずぼた餅を食べるべきだろう。
それが素麺屋の旦那の誠意にこたえる態度である。
そう思うわけです。

正装(仕事着)に対して、正装(法衣)で応じるのも一理あるけれど、
装いを整えることより優先すべき大切なことが他にあるだろう、と。
そうでなければ寓話として成り立たない。
仕事は尊いかもしれないが、仕事着が尊いわけでもないしね。

まだ言葉が足りないけれど、以上が私の考え方。
それが正しいとは限らないが、排除されるほどヒドイ考え方でもないと思う。

見解の相違ですね。

c0069055_218152.jpg


*******
スティング(Sting) / Englishman in New York
by hikihitomai | 2008-10-27 22:48 | 生き物
お米
c0069055_22374385.jpg

ためしに農家からお米を購入したら、おいしかった。

その農家は野菜を路地販売している。
6月頃、お散歩カメラで出かけた折、たまたま販売所をみつけ、
それ以来、常連客になった。
文字どおり「味をしめた」わけだ。

特別な栽培はしていない、穫れたてだからうまい。
農家のお婆ちゃんがそう言っている。
作っている本人が言うのだから、そうなのだろう。

そんな経緯があったのでお米にも相応の期待があったが、
その期待どおり、おいしいお米だった。

値段は5kgで2千円弱。
お婆ちゃんちのお米を買うのは金額の多寡というより、中味の信頼度。
世間では事故米だか汚染米だかの事件があったから、
袋詰めされた中味に不安を感じてしまえば、
店のお米を買う気にはなれない。

お婆ちゃんちのお米は、中味が確かだ。
しかも同じくらいの値段で街の販売店で買うお米より断然おいしい。
今後も食べ続けたいと思う。

とはいえ、農家(個人)の努力には限界があるし、
お婆ちゃんだって不死身ではない。
限界があるからこそ、お金のばらまき農政ではなく、
、、、それは以前も書いたから、省略。

ところで、日本酒に「地酒」があるように、
米にも「地米」があってもいいはずだ。
おそらく私が知らないだけで、各地に特産の米があるのだろう。
それらのお米をもっと流通させればいいのに、と思う。

しかし、ササニシキやコシヒカリなどの、
いわゆる銘柄米ばかりがもてはやされているのは、
売る側の問題なのか、あるいは買う側の問題なのか。

*******
バーバラ・ディナーリン(Barbara Dennerlein) / 演奏曲目不明
by hikihitomai | 2008-10-26 22:43 | 生き物
猫じゃらし
c0069055_21355139.jpg
増尾城址公園、 森のアスレチック




通称「猫じゃらし」は、犬の尾に似ているから、
狗(イヌ)の尾(オ)の草(クサ)と書いて狗尾草(エノコログサ)。
正式名称は何かなどと考えることもなく、
猫じゃらしとして認識していたから、
狗尾草という名前を知ったのは最近のこと。

先日、それを母に話したところ、
「猫じゃらしは、猫じゃらしだろう」と、
取り合ってくれなかった。
犬の尾に似ていることを言っても、
「犬はじゃれないよ、じゃれるのは猫」
話がかみ合わなかった。

かみ合わなかったのは母がボケているからではない。
TVを見ながら私の話を上の空で聞いていたからだ。
見ていたのは大学対抗の駅伝。
この選手はイイ、この人はダメと評価していた。

速い選手をダメと言ったり、遅れ気味の選手をイイと言ったり。
不可解な評価をするから理由を尋ねたところ、
評価は走りっぷりではなく、顔の良し悪しであった。
ちなみに母は69歳。

顔以外では、タスキ・リレーに興味を持ったようだ。
とても感心していた。
「タスキを渡す相手をよく間違えないねえ」
そういう感心の仕方である。
さすが大学生だ、と。

大学生でなくても間違えないと思うが、
母の目には複雑な行為に映ったようだ。
間違えたらどうするのかと心配していた。

間違って渡した側は走り終わってセイセイしているけれど、
間違って渡された側は走るに走れないから困るだろう、と。

母はTVから目を離して「猫といえば」と切り出した。
猫じゃらしの話に戻るのかと思ったが、そうではなかった。
「お前が拾ってきた猫、柱で爪をといだから叱ってやったんだ」
昨日のことのように言うそれは30年も前の出来事である。

当時、高校生だった私は三毛の仔猫を拾った。
その猫が柱で爪をといだり、
ふすまや障子を破ったりで、大騒ぎになったのである。
騒いだのは主に母である。
三毛を最も可愛がったのも母であるが。

その三毛は、ご飯が炊けると炊飯器の前でミャアと鳴いた。
それが母のお気に召したようで、
猫舌なのに炊きたてのご飯が好きな猫だ、と喜んだ。

三毛は、炊飯器から立ち上る湯気や匂いに反応しただけだろう。
熱いご飯をあてがわれて迷惑だったに違いない。

三毛が仔猫を生んだときの騒動など、昔話をひとしきりした後で、
「猫は可愛いよなあ」としみじみと言うのである。
「猫は憎まれ口をたたかないしなあ」と、
母は私を見てカッカッカと笑うのであった。

現在、母のもとに猫は一匹もいないが、
猫が好きなのは今も変わらない。
だから、母が使っているノートPCの壁紙は、仔猫の写真である。
その写真に向かってときどき声をかけるという。

「声をかけられて、猫も喜ぶんじゃない」
私は話を合わせてみたのだが、返ってきた言葉は
「写真が喜ぶわけないだろ」
母はまた、カッカッカと笑った。
c0069055_21432769.jpg


*******
ペンギン・カフェ・オーケストラ(Penguin Cafe Orchestra) / Air A Danser
by hikihitomai | 2008-10-25 22:20 | 物見遊山
ダヴィドフ・ストラディヴァリウス
c0069055_226407.jpg


*******
サン・サーンス作曲 / チェロ協奏曲第1番から
チェロ奏者は、ジャクリーヌ・デュ・プレ(Jacqueline Du Pre)。

エルガーのチェロ協奏曲作品85第2楽章は こちら
演奏中の厳しい表情とは異なり、弾き終えた後の笑顔がチャーミング。
その笑顔は指揮者のダニエル・バレンボイムに向けられています。
ダニエルはジャクリーヌの夫君です。

彼女の支援者から贈られたチェロはダヴィドフ・ストラディヴァリウスといい、
その楽器をジャクリーヌは生涯を通じて使い続けたそうです。
生涯を通じてと言っても、病気により28歳で現役を引退、42歳で夭逝。

ジャクリーヌの死後、ダヴィドフ・ストラディヴァリウスは
ヨーヨー・マに贈られたそうです。
by hikihitomai | 2008-10-24 23:50 | 生き物
ぶらさがり
c0069055_23313962.jpg

20年前だか30年前だか、テレビ討論会があった。
日本の会場とソビエト連邦(現在のロシア)の会場を衛星で中継し、
市民同士が意見交換をする、という趣旨の討論会。

日本側から、ソビエト連邦には新聞がプラウダとイズベスチヤしかないから
正しい情報が国民に伝わっていないんじゃないかとの指摘があった。
プラウダ(真実)がイズベスチヤ(報道)されていないという趣旨の、
意地の悪い意見である。

ところが、それに対するソビエト連邦の市民の反論が鋭かった。
日本にはたくさんの新聞があるけれど、書かれていることはどれも同じだ、と。

ソビエト連邦の市民の方が、今で言う「情報リテラシ」が上だと思った。

そんな古いことを思い出したのは、
いわゆる「ぶらさがり」記者が麻生首相にくだらない質問をしたから。
  夜の会合に連日行っていて、
  一晩で何万もするような高級店に行っているが、
  それは庶民の感覚とはかけ離れていると思う。
  首相はどのように考えるか。
  (詳細は こちら

何が知りたくて質問しているんでしょうね。
一国の総理大臣が、自販機で缶ビールでも買って、
夜の公園で会合を開いていれば満足なのでしょうか。

しかも、そういった場で取材する記者たちは、
書き取った発言内容に誤りがないか、
新聞社横断で互いに読み合わせをするそうで。

加えて、特定の政治家つきの、いわゆる番記者などは、
その政治家と何回メシを食ったかが勲章になるそうで。

そんな連中が書いた記事で、果たして、
プラウダ(真実)がイズベスチヤ(報道)されるのでしょうか。

*******
バンバン / 「いちご白書」をもう一度
by hikihitomai | 2008-10-23 23:59 | 植物
ビッグ・ピーチ (big peach)
c0069055_22214371.jpg
手賀沼



結論から書こう。
オバサンは無敵である。

某所でオバサンたちが茶のみ話をしていた。
50代後半から60代半ばまでの、数人のオバサンである。
その年齢の女性をオバサンと呼ぶかオバアチャンというかは
意見が分かれるだろうが、ここでは平和にオバサンと呼ぶ。

茶のみ話のネタは某女性タレントの「できちゃった婚」に関して。

  知ってる? リアなんとかっていう女。
  知ってるわよ、「できちゃった婚」でしょ。
  ダンナにビッグ・ピーチ(big peach)って呼ばれてるんだってさ。
  なんかエッチな感じよねぇ。
  きゃはははははははは。

  大きい桃ってどういう意味だろうね。
  ナリの大きい果物は大味でマズイんだよ。
  マズイわけないじゃん「できちゃった婚」なんだから。
  やっぱ、おいしかったのかな。
  きゃはははははははは。

  あたしもそんな風に呼ばれたら、どうしよう。
  あんたのどこがビッグ・ピーチなのよ。
  見ればわかるでしょ。
  え? ビッグ・ピーチってデブってこと?
  きゃはははははははは。

そういう場面に居合わせてしまうのは不幸といえるだろう。
やるせない運命みたいなものを私は背負っているようだ。

女性は、少女時代を経て女に成長し、やがてオバサンになるという。
少女 ~ 女 ~ オバサン
そう書くと出世魚みたいだけれど、ありがた味がない。

出世オバサンは無敵である。
あたしはもうあがっちゃったから「できちゃった婚」はありえない。
そんな大胆なことを平然と言ってのけるほどの無敵ぶり。
失うものが何もない者の強さかもしれないが。

極めつけは、ダンナの愛称について。
オバサンたちによれば、
リアなんとかという女性タレントがビック・ピーチなら、
そのダンナはビッグ・バナナと呼ばれているに違いないのだそうだ。

  ナスは英語で何ていうの?
  知らない。
  キュウリは?
  知らない。
  じゃあ、ビッグ・バナナにしておくか。
  きゃはははははははは。

  ビッグ・バナナじゃないよ、ビッグ・バニャーナァ。
  ビッグ・バニャーナァ?
  そう、ビッグ・バニャーナァ。
  きゃはははははははは。

もはやコメント不能である。

*******
ハリー・ベラフォンテ(Harry Belafonte) / Banana boat song
by hikihitomai | 2008-10-22 22:32 | 物見遊山