人気ブログランキング |
<   2014年 02月 ( 20 )   > この月の画像一覧
曇天梅次郎



c0069055_048122.jpg
SONY 70-300mm F4.5-5.6 G SSM











c0069055_0481023.jpg











c0069055_0481939.jpg



*******
ショパン / 夜想曲第2番 変ホ長調 作品9-2
ピアノ演奏は、アルトゥール・ルービンシュタイン(Arthur Rubinstein)。
過剰な装飾もなく、感情過多に陥ることもなく、
ルービンシュタインのピアノは美しい。
by hikihitomai | 2014-02-27 21:00 | 生き物
室外機



c0069055_22571981.jpg
「Photomatix Pro 体験版」で加工



たくさんあると、撮りたくなる。


*******
リッチー・バイラーク(Richie Beirach) / Ki
by hikihitomai | 2014-02-26 21:00 | HDR
counter clockwise



c0069055_1552227.jpg
SONY 70-300mm F4.5-5.6 G SSM



砂糖を溶かすため、スプーンでコーヒーをかき回していたとき、
ふと気がついたことがある。
常に左回り(反時計回り)でかき回しているのではないか、と。

右回り(時計回り)を試してみたら、やりづらかったので、
いつも左回りでかき回しているのは間違いない。

北半球では渦が左回りになる。
コーヒーをかき回す行為とコリオリの力には、
何か関係があるのかもしれない、
と思ったのは早合点であった。

右手でかき回すときは確かに左回りなのだが、
左手で試したら右回りであった。
単なる癖、あるいは右利きとか左利きといった問題に帰結するようだ。

そんなことを漠然と考えていた矢先、
ソチ五輪を見ていて、また気がついた。

フィギュアスケートのジャンプで、選手は左回りに回転する。
フリーで感動的な演技を披露した浅田真央さんのジャンプも左回りである。
例外があるのかもしれないが、
私が見た限りでは、みな左回りで回転していた。

理由はわからない。
おそらく、リンク上での進行方向が左回りだから
ジャンプの回転も左回りになるのだろう。


*******
ジャッキー・マクリーン(Jackie McLean) / Melody for Melonae
by hikihitomai | 2014-02-25 21:00 | 生き物
三岳-REX



c0069055_23393341.jpg
SONY DT 50mm F1.8 SAM



芋焼酎「三岳」。
柏市内の某店で購入、一升1,980円。

10年程前までは一升1,800円で買うことができた。
普通に入手できる普通の値段の旨い酒として、
よく飲んだものだ。

それが、いつの間にかプレミア焼酎になり、
五合瓶に2,500円(一升なら5,000円!)の値札がつくようになった。
売価が高騰するとともに、店頭であまり見かけなくなったように思う。

そして、どんな事情か知らないが、
この頃まともな売値に戻りつつあるようだ。
飲む機会が増えそうで、うれしい。


*******
ブロッサム・ディアリー(Blossom Dearie) / It might as well be spring
2008年、柏市民に復帰して以来、
ブロッサム・ディアリーをよく聞くようになった。
ヴォーカルがなまめかしく聞こえるからだ。
たぶん、再生装置がある居間がライブ気味のせいだろう。
by hikihitomai | 2014-02-24 17:44
セグロカモメ



c0069055_1531942.jpg
SONY 70-300mm F4.5-5.6 G SSM



不忍池。
至近距離にセグロカモメ。
目がこわいぞ、お前。


*******
ストラヴィンスキー / 火の鳥から「カスチェイら一党の凶悪な踊り」
ピアノ演奏はフランチェスコ・ピエモンテージ(Francesco Piemontesi)。
by hikihitomai | 2014-02-23 21:00 | 生き物
湯島の白梅



c0069055_23112398.jpg
SONY 70-300mm F4.5-5.6 G SSM



湯島天神の梅まつりは2月8日から3月9日まで。


*******
アレックス・デ・グラッシ(Alex de grassi) / Western
by hikihitomai | 2014-02-20 21:00 | 植物
Formula One



c0069055_23211340.jpg
TAMRON SP AF 90mm F2.8 MACRO



JVC KENWOOD のショールームに飾られている模型。
コックピット後方が「マジンガーZ」みたいだ。


*******
T-Square/ Truth
0:27-0:30あたりで、
ナイジェル・マンセル(Nigel Mansell)のフェラーリ(1990年、カーナンバー2)の
エキゾーストノートとして使われている音は、
1994年にジャン・アレジ(Jean Alesi)が駆ったフェラーリ(Ferrari 412T1)の音だ、
と確信しているが自分の耳以外に根拠はない。
by hikihitomai | 2014-02-19 21:00
カレッタ汐留からの眺望



c0069055_20532272.jpg
SONY DT 16-50mm F2.8 SSM



日曜日の朝。
所用の後、虎ノ門交差点を背に外堀通りを歩いて汐留方面へ。
朝早かったせいか、カレッタ汐留46階の展望フロアは無人。
貸切状態で景色を眺めた。

無人といえば、都内を徘徊していると、
ときどき無人のエリアに足を踏み入れることがある。

路地はもちろん地下街であったり、
ときには巨大なビルの一角で、
自分以外に鼓動を刻む者がいないことに気付くと
不思議な感覚にとらわれる。

とても静かである。
都会の喧騒とは別世界といえるだろう。
野原や雑木林とは異なり、
人工的な広い空間は静寂が強調されるようだ。


*******
ハービー・ハンコック(Herbie Hancock) / The eye of the hurricane
このアルバムはトニー・ウィリアムス(Tony Williams)のドラムが気持ちいい。
スピーカ・ユニットが心配になるくらい、ドッカンドッカン鳴る。
by hikihitomai | 2014-02-18 21:00 | 物見遊山
虎ノ門の朝



c0069055_20461169.jpg
SONY 70-300mm F4.5-5.6 G SSM



日曜日は所用のため5時に起床し、虎ノ門へ。
上掲の一枚を撮影したのは朝7時半頃。

寒い日は使い捨てカイロが便利。
ただ、ポケットにあると、カイロを握りたくなる。
むにむにと半日くらい握っていたら微細な鉄粉が爪に入り、
入浴時にそれが赤黒く酸化した。
それは先日のこと。

β-左手指先鉄錆症候群と勝手に命名したのだが、
今度は β-左太腿部赤斑症候群である。
もちろん、そんな病気はない。

左の太腿に赤い斑点。
大きさは直径10センチくらい。
痒いような、うっすらと痛むような。

原因は今回も使い捨てカイロ。
ズボンのポケットにカイロがあることを忘れ、
ホット・カーペットの上で居眠りをしたら、
低温火傷を負ったのである。

β-左手指先鉄錆症候群を回避するため
ダウンジャケットのポケットにカイロを入れるのをやめ、
ジーンズのポケットに入れた結果が、
β-左太腿部赤斑症候群である。

ちなみに "β" は、
ギリシャ文字を付けるとそれらしい病状に見える、
という個人的な主観によるもので他意はない。

使い捨てカイロは、普通に使えば便利な商品である。
上手に使えない私は、爪が赤黒くなったと驚き、
低温火傷で騒いだりと、バカ丸出しである。

それだけではない。
使い終わったカイロを有効活用しようとして、また騒動。

脱臭剤に転用できると聞いたので、
靴の脱臭に利用するためカイロを一時的に放置したら、
家猫(仔猫4号のヤン君)にオモチャにされてしまった。
カイロが破れ、中味が畳の上に散乱したのである。

黒い鉄粉がばらまかれた畳を見て、敗北感に支配された。
放置した私が悪いのだと、せっせと掃除したのだが、
反省が足りなかったようだ。
あとでもう一度、ヤン君にやられたのである。

「獲物」を狙うときのヤン君は、動きが機敏でしかも執念深い。
目つきは「俺はおもちやで遊ぶぞ」という中原中也を思い出させる。
 ※中原中也「玩具の賦」は こちら


*******
デペッシュ・モード(Depeche Mode) / I feel loved (Danny Tenaglia labor of love edit)
同曲のいくつかあるヴァージョンのうち、一番好きなのがこれ。
スライドはマリリン・マンソン(Marilyn Manson)。
by hikihitomai | 2014-02-17 21:00 | 物見遊山
Le quattro stagioni ~ Inverno



c0069055_2362991.jpg
SONY DT 16-50mm F2.8 SSM



2月14日(金)、今季二度目の大雪。
2月15日(土)、上野公園で撮影。何度か建物を撮影しているけれど、
"Le quattro stagioni" で飲食したことがない。
2月16日(日)、気温上昇、一気に雪解け。
今度の水曜か木曜、また雪の予報。


*******
ヴィヴァルディ / 四季から「冬」



by hikihitomai | 2014-02-16 21:00 | 物見遊山