人気ブログランキング |
<   2017年 08月 ( 15 )   > この月の画像一覧
浴衣



c0069055_19153379.jpg


コレド室町。


都内のあちこちで、浴衣を着た人を見かける。
ちょっとした流行なのだろう。
浴衣を着ていくと優遇されるイベントもあるようだ。

流行といえば、
その昔、1970年前後に、ミニスカートが大流行した。
ミニスカートは人を選ぶ。
それにもかかわらず大流行したのは、
選ばれなかった人も身につけたからだろう。

近年では、日傘をさす女性が増えた。
ミニスカートほどではないけれど、
日傘も人を選ぶと思う。

雨傘では気にならないのに、
日傘の見栄えが気になるのは、
私の主観の問題かもしれない。

浴衣はどうか。
浴衣は人を選ぶというより場所を選ぶと思う。
これも個人的な主観の問題かもしれない。


*******
カルロス・ガルデル(Carlos Gardel)/ Por una Cabeza










by hikihitomai | 2017-08-31 21:00 | HDR
陳列



c0069055_16005726.jpg



道路に面した商品棚。
店の人から許可を得て撮影。

あとで思ったのだが、
あの人は店長ではなかったようだから、
撮影を許可する権限があったのか疑問。
実害なさそうだからオッケー、という軽い了承だったのかも。

まあ、それはさておき、
被写体として商品の陳列に魅力を感じる。
何度か書いているのだが、許されるなら、
百貨店やスーパーの売り場で撮影したい。

サービスを始めてくれないかしら。
撮影料を取って店内撮影を許可するサービス。
料金は展望施設の入場料と同じくらいの設定で。
大規模店舗は年間パスを発行するとか。


*******
チック・コリア(Chick Corea)/ What game shall we play today?
ヴォーカルはフローラ・プリム(Flora Purim)。
好きな歌なので何度もリンクしている。










by hikihitomai | 2017-08-30 21:00 | 物見遊山
パスワードを忘れた話



c0069055_20442237.jpg



上野駅の広小路口。
画面の右が上野駅、左がアメ横。
正面が上野公園方面で、
スロープを下ると地下鉄銀座線。

------------------------------------------------------------

先週、夏休み明けの月曜の朝、
職場で使っているパソコンのパスワードが思い出せず
悪い汗をかいた。

脳ミソの老化を防ぐため、
複雑な文字列を使用していることが災いした。
休暇の前日にパスワードを変更したことも失敗であった。

結局、パスワードが思い出せなかったので、
システム管理者にリセットしてもらった。

そのとき、システム管理者は顔見知りなのに
私の身分を確認したのである。
規則ですから、と。

作業手順を守ることはいいことだ。
しかし、規則を遵守することと、
硬直した対応というのは意味が違うだろう。

融通のきかない機械みたいなヤツは
もう酒に誘ってやらないもんねぇだ。
負け惜しみである。

それをとても人間的な負け惜しみだと思うこと自体、
負け惜しみになっている。


*******
スカーレット・ヨハンソン(Scarlett Johansson) / Summertime










by hikihitomai | 2017-08-29 21:00 | HDR
非常階段



c0069055_22315092.jpg
望遠で一枚








c0069055_22323549.jpg
見上げて一枚



渋谷、アミーホールの裏手。
青山通りから派手な階段が見えたので、まず望遠で撮影。
こういう物は直接さわってみたくなる。
ついでに、匂いをかいでやろうかと思ったのだが
敷地内に入れなかったので、脇道から見上げて撮影。
今日のところはこれで勘弁してやる、って感じ。


*******
デザンクロ(Alfred Desenclos)/ サクソフォン四重奏曲 第3楽章










by hikihitomai | 2017-08-28 21:00 | 物見遊山
六本木ヒルズ森タワーからの眺望



c0069055_21425813.jpg


六本木ヒルズ森タワー52階の展望施設「東京シティビュー」。
8月17日(木)、午後6時半頃。曇天。
焦点距離16mm(24mm相当)、ISO100固定、
絞りF8.0、補正+2/3EV、露出5秒。

公式サイトに展望室内の写真が掲載されている。
その写真では広々とした空間に見えるのだが、
実際は、それほど広くない。

入場すると東側を眺望するエリア。
東京タワーや、遠くにレインボーブリッジなどが見える。
人気エリアだそうで、大混雑していた。

混雑の理由はふたつ考えられる。

第一の理由は、人気エリアが限られていること。
南側や西側を望むエリアは閑散としていたから、
東側エリアに人が集中していたことになる。

第二の理由は、座れること。
椅子というかベンチというか座れる台というか、
それがあるから座った人は長くその場に留まる。

なかには、東京タワーに背を向けて座り、
スマホでパズルゲームをしているグループもいた。
何をしていようが自由だけどね。

座って景色を楽しめる環境は素晴らしいと思う。
しかし、たまたま人が多かっただけかもしれないが、
あの混雑する場へまた行きたいとは思わない。


*******
マンハッタン・トランスファー(The Manhattan Transfer) / Airegin










by hikihitomai | 2017-08-24 21:00 | 物見遊山
船出



c0069055_16192950.jpg


先週、カメラを持って横浜方面へ。
港で船を眺めていたら、
なぜか気持ちがどんよりと曇ってしまった。
中原中也の詩の一節が浮かんで消えないのである。

  外国(あつち)に行つたら、たよりを下さい。
  あんまりお酒は、飲まんがいいよ。
  馬車も通れば、電車も通る。
  まことに人生、花嫁御寮。

こういうときは何もしないに限る。
沈んだ気持ちにあらがうと闇が広がるばかりだから。
せっかく横浜まで来たのだから食事をして帰ろうとか、
せめてお茶でも飲もうかとか、
そういうことを考えてはいけないのである。

  まことに人生、一瞬の夢、
  ゴム風船の、美しさかな。

撮影予定をキャンセルし、何も撮らず港をあとにした。
潔い態度である。

帰宅後、猫たちをからかっていたら反撃され、
左手と左足の甲にミミズバレができた。
猫はかわいらしくて、にくらしい。


そういうわけで、本日の一枚は以前訪問したときのもの。
撮影は2015年10月、大桟橋にて。


*******
ジャニス・イアン(Janis Ian)/ Will you dance?













by hikihitomai | 2017-08-23 21:00 | HDR
新橋駅



c0069055_15532018.jpg


東海道線ホーム(1番線、2番線)。

右にいる紺色のシャツの人。
カバンのストラップに沿って背中に汗。
それが撮影の動機。


*******
リー・コニッツ(Lee Konitz)/ You'd be so nice to come home to
徐々に盛り上がるわけでもなく
かといってアンチクライマックスでもない。
主題を明示することもなく、
はじめから終わりまで同じ調子。
金太郎飴スイング。











by hikihitomai | 2017-08-22 21:00 | HDR
曇天灯台



c0069055_22522098.jpg


御前崎灯台。
青空であれば白い灯台が映えただろう。

8月11日から10連休となった夏休み。
期間中、梅雨のような天気であった。
まあ、働かなくて済むから嵐でも構わないのだが。

アレやコレやで散発的に用事を済ませた他は
特に何をするでもなくダラダラと過ごした。
このダラダラ感が心地よく、充実した休暇となった。

8月15日、所用のため日帰りで静岡へ出かけた。
混雑を懸念しつつ東京駅へ行ったら、
東海道新幹線のホームは閑散としていた。
日時を間違えたかと不安になったくらい。

Uターンラッシュも心配したほどではなく、
帰りの上り列車も難なく自由席に座ることができた。
幸運だったのかもしれない。

できることなら、
そういう小さな幸運はためておいて
あとでまとめて使いたいものだ。


c0069055_15391908.jpg


*******
アート・ファーマー(Art Farmer )/ The summer knows











by hikihitomai | 2017-08-21 21:00 | HDR
夏休み



c0069055_12520868.jpg








c0069055_12412616.jpg


8/11(金)海の日から8/20(日)まで夏休み。
10連休である。
法事やら何やら。

そういうわけで、当blogも夏休み。
再開は、8/21(月)の予定。


*******
アナ・カラン(Ana Caram) / Summer Samba










by hikihitomai | 2017-08-10 21:00 | 植物
夜の銀座



c0069055_12471359.jpg



銀座二丁目交差点、ルイ・ヴィトン前。

銀座は夜も華やか。
それは大通りに面した明るい場所の話。
少し暗い裏通りに入ると様相が一変する。

とにかく、客引きが鬱陶しい。
「新しい出会いをご提案させていただきます」
彼らは目をあけたまま寝言を言うのである。

いつだったか、
オレみたいなジイサンは放っておいてくれと応じたら、
こちらが赤面するようなセリフが返ってきた。
「人生経験が豊富な紳士は若い女性のあこがれなんですよ」だってさ。
翻訳すると「使い古しの珍珍もお金次第」という意味である。

なんというか、気持ちがすさむのである。
こう見えて私は精神面がデリケートだから。
バリケードじゃないよ。
デリケート。

見ず知らずの女性に
"fuck you" と罵られたこともある。

写真を撮ろうと銀座コリドー街を歩いていたときのこと。
東洋系の顔立ちをした若い女性が
変な英語で話しかけてきたのである。

私の腕をつかんで、
今晩いっしょに "enjoy" しましょう、
とかなんとか言っていた。
いわゆる「新しい出会いのご提案」である。
街娼かそれに類する女性だろう。

面倒なので、腕を振りほどきながら、
オレは "straight" じゃないよと断わった。
異性を拒否する言葉として、
とっさに思いついたのだけれど、
ひとこと余計だったみたい。

拒絶の意思は伝わったようだが、
"fuck you" と罵られたのである。
他にも何かわめいていたが、聞き取れなかった。

夜の新宿や池袋で起こりそうな出来事だと思った。
しかし、それはどこの街でも起こるのだろう。
銀座も例外ではないようである。


*******
バド・パウエル(Bud Powell) / Tempus Fugit










by hikihitomai | 2017-08-09 21:00 | 物見遊山