人気ブログランキング |
<   2018年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧
浜辺を散策するふたり



c0069055_00014561.jpg



御前崎灯台から見おろして撮影。
馬鹿と煙は高い所が好き。
煙でない私は、つまり、馬鹿ということ。
なんだか照れくさい。


*******
ヤン・ティルセン(Yann Tiersen)/ La plage













by hikihitomai | 2018-05-31 21:00 | HDR
Johnnie Walker



c0069055_22344182.jpg



*******
リー・ワイリー(Lee Wiley)/ Manhattan
ニューヨークの情景が歌われている。
ブロンクス、グリニッジ・ヴィレッジ、コニー・アイランド、
芝生のボウリング、地下鉄のブレーキ(圧搾空気)、
最初にキスしたセントラル・パーク、など。
時代は、20世紀初頭から戦前くらいかな。

若いころ読んだO・ヘンリーの短編小説には
コニー・アイランドがよくでてきた。
小説の年代は少し前だけれど、
舞台となった街のイメージが、
この歌のイメージと重なる。

O・ヘンリー以外でも、
スタンリー・エリン、アーウィン・ショー、、、
酔っぱらって作文しているから名前が思い出せないが、
それらの小説を読んで抱いたニューヨークのイメージとも合致する。
まあ、個人的な勝手なイメージなので、異論はあるだろう。

勝手なイメージのついでに、もうひとこと。
ニューヨークを人の目の高さで描写したのがこの "Manhattan" で、
ニューヨークを俯瞰する視点で描写したのが、
ガーシュウィンの "Rhapsody in blue" だと思う。(こちら












by hikihitomai | 2018-05-30 21:00 | 物見遊山
柏の緑



c0069055_20483803.jpg



手前は大津川流域の耕作田、
正面は増尾城址公園の森。
草と土の匂い。
ときどき、風に乗ってほのかに堆肥の匂いも。

運動不足で体重が5kg増えた件で、
なるべく歩くように心がけたら
約4ヶ月でもとの体重に戻った。

その後も継続して、なるべく歩くようにしている。
体調がいいのは、その成果だろう。
なにより、酒が旨いのが嬉しい。

体重計の表示は次のとおり。
・体重:64.2kg (身長:177cm)
・体脂肪率:10.2%
・基礎代謝量:1640kcal/日
・体内年齢:42歳 (実年齢:57歳)

基礎代謝量が多いのだが、
それが良いのか悪いのか、わからない。
雪山で遭難したら早く死ぬことはわかる。

体内年齢も何を意味するのか曖昧だが、
若く判定されて喜ぶのは、歳をとった証拠だろう。


*******
モーツァルト/ 「アイネ・クライネ・ナハト・ムジーク」第2楽章













by hikihitomai | 2018-05-29 21:00 | 物見遊山
タックル



c0069055_20240796.jpg
上野動物園のハシビロコウ



大学のアメリカン・フットボールで重大な反則があり、
相手チームの選手を負傷させた事件が大きく報道されている。

映像を見る限り、反則した選手は、
ゲームの展開とは関係のないところで、
無防備な選手に背後からタックルしている。
明確な意図に基づく反則行為であることは疑いようがない。

反則した側の監督とコーチは記者会見で、
命令(指示)を曲解した選手が反則したのだと説明した。
その説明に納得した人はいないだろう。

監督とコーチの主張どおりであるなら、
彼らが盾となって世間の批難から選手を守った上で、
選手を更生させるのが指導者としての彼らの使命である。
しかし、彼らは盾になるどころか、自己保身に終始している。

監督やコーチが、自チームの選手に対して、
背後からタックルしているのだから話にならない。


*******
ティナ(Tina S.)/ ベートーベン「月光」第3楽章
ヘビメタ版「月光」。












by hikihitomai | 2018-05-28 21:00 | 生き物
数寄屋橋交差点



c0069055_22361185.jpg



夜の街で撮影するときは、
気をつけていることがふたつある。

ひとつ目は、不審者として疑われないように振舞うこと。
特に夜はカメラの扱いを誤ると、
不名誉な疑いをかけられるおそれがある。
撮影するときは堂々と撮る。
「瓜田に履を容れず、李下に冠を正さず」の実践である。

ふたつ目は、チンピラに警戒すること。
数年前、上野の裏通りで金をせびられたことがある。(こちら
そのときは逃げて無事に済んだのだが、
周辺への警戒が足りなかった。
それ以来、用心している。

たとえば、人通りの少ない場所では、
常に逃げる方向を意識しておく。
退路を断たれると逃げようがないので袋小路に入らない。

海外に比べて治安が良いと言われる日本ではあるが、
用心するに越したことはない。
それが上野でチンピラにからまれたときに得た教訓である。

笑い声が聞こえたときも、油断はできない。
友好的な相手とは限らないからだ。
「フォッ、フォッ、フォッ、フォ」
両手がチョキなら、笑い声の主はバルタン星人であり、
宇宙からの侵略者である。
逃げても逃げきれないだろうから、
「なかったこと」にするしかない。


*******
ピンク・フロイド(Pink Floyd)/ One of these days
3:42 - 3:47 One of these days, I'm going to cut you into little pieces.










by hikihitomai | 2018-05-24 21:00 | HDR
脚光



c0069055_23533580.jpg




*******
ジュリー・ロンドン(Julie London)/ The thrill is gone











by hikihitomai | 2018-05-23 21:00 | 物見遊山
基本に忠実



c0069055_21195556.jpg



よく見かけるポスターも、
展示方法が変われば、印象も変わる。
ビールのポスターを見て、遊郭を連想した。

----------------------------------------------------------

例によって、写真と以下の駄文は無関係。

----------------------------------------------------------

日曜の夜7時頃、
回線業者を名乗る人物から電話があった。
「インターネット回線の管理者様はご在宅でしょうか?」

法人客ならともかく、一般家庭を相手に、
「インターネット回線の管理者」はないだろう。

私は息子になりすまして電話を切ろうとした。
「回線の契約者なら父ですが、外出しています」
「管理者様は何時ごろ帰宅されますでしょうか?」
「何時になるかわかりません」

電話を切れるかと思ったら、予想外の質問を受けた。
「管理者様は午後8時から8時半までの間に帰宅されますか?」
「はぁ?」
「管理者様は午後8時から8時半までの間に帰宅されますか?」
「何時に帰るかわからないって言ったとおりだけど。急用ですか?」
「急ぎではございません。新サービスのご案内です」

マニュアルどおりのやり取りに腐心するあまり、
会話の不整合に気が付いていないようであった。

加えて、コンビニのアルバイトのような変な日本語。
「後日あらためて管理者様にお電話を差し上げたいのですが、
 よろしかったでしょうか?」

電話の主はマニュアルに忠実なだけでなく、
まじめな口調で頓珍漢なことを言っていたから、
冗談の基本にも忠実なのであった。


*******
ビッグ・バッド・ヴードゥー・ダディ(Big Bad Voodoo Daddy)/ Why me?













by hikihitomai | 2018-05-22 21:00 | 物見遊山
食べ物を撮る



c0069055_10084982.jpg
十割そば




c0069055_22255849.jpg
桜エビのかきあげとアスパラガスの天麩羅



風味が豊かな蕎麦と天麩羅。
普段は食べ物の写真は撮らない。
漠然と、うしろめたさみたいなものを感じるから。
今回は楽しい時間を過ごした記念に一枚撮影。
地ビールを飲んで出来上がり。


*******
オイゲン・キケロ(Eugen Cicero)/ Minute Waltz
ショパン「小犬のワルツ」のジャズ・アレンジ版。











by hikihitomai | 2018-05-21 21:00 | 物見遊山
広告




エキサイト・ブログの仕様が変更されたようだ。
使用するブラウザ(設定)によっては
広告がページの先頭にドカンと表示される。

自分のブログが「生で」どのように表示されるか
ときどき確認しているのだが、
アドオンなしの "IE(Internet Explorer)" でアクセスしたら、
広告がページの先頭にドカンと表示された。

常用ブラウザは "google chrome" で、
アドオンに "Adblock" を使っているから、
広告は一切表示されない。
したがって、今般の変更にも気がつかずにいた。

まあ、気がついたところで、
何をどうするものでもないが。











by hikihitomai | 2018-05-20 22:54
「黒牛」純米生原酒しぼりたて-REX



c0069055_20305273.jpg


和歌山県の酒「黒牛」純米生原酒しぼりたて。
一升2,750円(税込2,970円)。

「黒牛」「獺祭」「苗加屋」を順番に飲んでいるのだが、
なぜか黒牛は続けて飲みたくなる。
このところ、黒牛三昧。
写真の3本は空き瓶で、冷蔵庫にもう1本。


*******
ブライアン・ブロンバーグ(Brian Bromberg)/ Speak low










by hikihitomai | 2018-05-14 21:00