人気ブログランキング |
<   2019年 01月 ( 18 )   > この月の画像一覧
東京都庁北展望室からの眺望



c0069055_15390864.jpg








c0069055_15385351.jpg
薄く富士山の影



相変はらず都庁展望室は海外からの旅行客で混雑。
なぜか窓辺が空いてゐたので、待たずに撮影できた。
皆さん、何をしに来たのでせうか。


*******
MONDO GROSSO(満島ひかり)/ ラビリンス
映像のロケ地は香港、通称「モンスターマンション」。
フォトジェニックな建造物である。
興味があつて色々と調べたとき、
この音楽映像の存在を知つた。
モンスターマンションには
絶好の撮影スポットがいくつかあるのだが、
考へることはみな同じみたい。
多くの観光客が押し掛けたのでせうね、
2018年1月、立ち入り禁止になつたさうだ。













by hikihitomai | 2019-01-31 21:00 | HDR
"AI" 雑感



c0069055_15152481.jpg



東京都庁、北展望室からの眺望。

--------------------------------------------------

頻繁に見聞きするやうになつた "AI" という言葉。
"artificial intelligence" の略だから
日本語では「人工知能」と訳される。
様々な分野で活用されつつあり、
今後も進歩するものと期待されてゐる。

しかし、現在の "AI" といはれるものは、
黎明期の産物に過ぎないと思ふ。
人工知能と呼ぶには、
能力が限定的でレベルも低いのではないか。

いはゆるビッグデータの分析技術が進歩して、
"AI" にもできることが増えたといふ。
膨大なデータから傾向を探り出し、
一般的な原理を推論するのは帰納法の典型である。

ディープラーニング(deep learning)も、
データ解析の効率や精度を高めるためのひとつの手法だから、
帰納法の一部を構成する技術である。

それらが画期的な進歩を遂げたとしても、
帰納法による推論である以上、
数学の仮説を証明できるやうな "AI" は実現できない。
 ※ひとつの反例を示して仮説を否定的に証明するなら、
  総当たり法(ブルートフォース・アタック)でも可能。

演繹に長けた "AI" が開発されたとき、
はじめて人工知能と呼ぶべき "AI" の進化が始まるのだと思ふ。
それが実現しない限り、
鉄腕アトムや HAL9000 は実現できないだらう。

なんてコトは、素人の考へだから大きな声では言へない。
だから、かうして場末のブログに書き散らすのだ。


*******
ワーグナー(Richard Wagner)/ タンホイザー序曲













by hikihitomai | 2019-01-30 21:00 | HDR
「十水」特別純米無濾過生原酒-REX



c0069055_21383128.jpg



四合瓶(720ml)1,600円(税込み1,728円)
原料米:国産(銘柄表示なし)
精米歩合:60%
アルコール度数:18度
限定品。

特別純米酒(通年版)の無濾過生原酒バージョン。
旨みたつぷり、重すぎず軽すぎず、
フレッシュでコクがある。

米を磨きぬいた吟醸酒とはタイプが異なるのだが、
旨い酒を飲んだといふ満足感が大きい。
かういふ酒、大好き。


*******
ソニー・クリス(Sonny Criss)/ Angel eyes













by hikihitomai | 2019-01-29 21:00
上から下へ落ちる話



c0069055_15001919.jpg



新宿、コクーンタワー。
例によつて、写真と以下の駄文は関係がない。

-----------------------------------------------

古くからあるなぞなぞ。
  問題: 雨はなぜ上から降るのでせうか?
  解答: 下から降ると傘がさせないから。
かつてコマーシャルにも使はれた冗句である。

雨は上から降るものなのだ。
自然の摂理である。

同様に、水は上から下へ流れる。
さういふ水の性質に例へて人の道を説いたのが
老子の上善如水(上善は水の如し)。

  最上の善のあり方は水のやうなものだ。
  水は万物に恵みを与へながら、争ふことなく、
  誰もがイヤだと思ふ低い所に流れ着く。

上善如水で日本酒を連想する酔払ひオヤジには、
訓話が立派すぎて、あまり参考にならない。

西洋ではガリレオ・ガリレイの実験が落ちる話として有名。
ピサの斜塔から大小ふたつの球を落とすと、
ふたつが同時に着地する、といふもの。
※実際に行つたのは、
 斜めに置いたレールの上を球を転がす実験。

心情的には重い方が先に着地すると思ふかもしれない。
しかし、重さに関係なく同時に着地するのである。
アリストテレスの机上の理論を、
ガリレオが実験で覆したことは、
自然科学のあるべき姿を示した点で意義がある。

ニュートンのリンゴは実話か否かはどうでもよくて、
スゴイのは月の周回に関する洞察。

月は、地球の重力に引張られて落ち続けながら、
地球の周りを回つてゐるのだ、と。
凄まじい洞察力である。

大自然を前に、
人間はなんてチッポケな存在なのだらう、
などといふありふれた感慨に浸つて満足するやうな
ニュートンではなかつた。

とはいふものの、潮汐力の影響で、
年に数センチづつ月は地球から遠ざかつてゐるのだが。

さて、なんの話だつけ。
脱線するばかりで、本題を忘れるところであつた。

乳母車をエスカレータに乗せるのは危険。
それを投稿しようと思つてゐたのである。

乳母車をエスカレータに乗せるのであれば、
せめて乳母車を山側にして、親は谷側に立つべきだ。
万一、手が離れても親の体が乳母車の支へになる。

問題は下りエスカレータ。
乳母車を押しながらそのまま下りエスカレータに乗ると、
親が山側で、乳母車が谷側になつてしまふ。
ときどき目にする光景なのだが、
手が離れたら乳母車を支へるものがない。

それが危険なのは、雨が上から降るから。
下から降ると傘がさせないのである。


*******
エイチ・ゼットリオ(H ZETTRIO)/ Beautiful Flight












by hikihitomai | 2019-01-28 21:00 | HDR
ホタルナとヒミコ



c0069055_02575094.jpg
遊覧船「ホタルナ」








c0069055_02580746.jpg
遊覧船「ヒミコ」



カレッタ汐留からの眺望。
隅田川を行く遊覧船。
橋の名前は不明。
場所は、勝鬨橋のひとつ下流側で、
築地市場の南側、浜離宮の東側。

似たやうな遊覧船だが、
屋上デッキがある方がホタルナ(1枚目の写真)で、
ない方がヒミコ(2枚目)。
その2隻とは別に、エメラルダスといふ船もあるやうだ。
実物を見たことはない。


*******
スーパートランプ(Supertramp)/ Breakfast in America










by hikihitomai | 2019-01-24 21:00 | HDR
ニャロメの5番



c0069055_20484223.jpg



フランス語の "numero" の読みは「ニュメロ(ヌメロ)」。
赤塚不二夫の漫画に登場する「ニャロメ」と似てゐる。
若い頃、それだけの理由で、
ニャロメに関連づけして香水の名前を覚へた。
「シャネル・ニュメロ・サンク」(シャネルの5番)である。

特定の目的があつて覚へたのではない。
あへていふなら、覚へたくて覚へたのである。
「シャネルの5番」と記憶するだけでなく、
「シャネル・ニュメロ・サンク」も記憶する方が、
何かを覚へた気分になれる。
さういふ動機で覚へた言葉は、少なくない。

後年、その香水に関する色つぽい話を知つた。
マリリン・モンローが眠るとき、
身につけるものは「シャネルの5番だけ」。
真偽はともかく、
文字どほり色香が匂ひ立つやうな話である。

しかし、私の場合、
香水とニャロメをセットで覚へてゐるから、
モンローの寝具でニャロメが眠る姿を連想してしまふ。
折角の色香が台無しである。

生前、うちの奥さんにその話をしたところ、
仔猫がゐる方が色つぽいと思ふと言つてゐた。
ひとり寝よりも仔猫を伴ふ方が、
モンローの体温が想像できて色つぽい、と。

なるほどさうかもしれない、
とそのときは感心したものだが、
肝心なことを忘れてゐた。
仔猫ぢやなくてニャロメだといふことを。


*******
ワールド・オーダー(WORLD ORDER)/ MISSING BEAUTY













by hikihitomai | 2019-01-23 21:00 | 物見遊山
「天狗舞」山廃仕込純米生原酒-REX



c0069055_02540156.jpg



四合瓶(720ml) 1,500円(税込み1,620円)
原料米:国産(銘柄表示なし)
精米歩合:60%
アルコール度数:18度
季節限定。

濃醇旨口の酒。
酸味が爽快、旨味たつぷり、飲み応へあり。
派手な果実香はなく、むしろそれが好ましい。


*******
ズート・シムズ(Zoot Sims)/ That old feeling













by hikihitomai | 2019-01-22 21:00
笑顔のナンシー



c0069055_13500091.jpg



*******
オスカー・ピーターソン(Oscar Peterson)/ Nancy (with the laughing face)
初めて聞いたオスカー・ピーターソンの演奏がこれ。
1983年頃、FM放送で聞き、早速レコードを購入した。
ベース奏者のニールス・ペデルセンを知つたのもこの演奏。
アルバムタイトルは "Nigerian Marketplace"。

この楽曲には歌入りバージョンもあつて、
以下、歌にまつはる噂話やら与太話やら。

ロナルド・レーガンは第40代米国大統領。
1981年、その就任を祝ふパーティで、
フランク・シナトラがナンシーを歌つた。
大統領夫人のナンシー・レーガンにちなんだ選曲である。
ファースト・レディに合はせ、歌詞を変へて歌つたさうだ。

シナトラの最初の夫人の名前もナンシー。
生まれた娘も、夫人の名前をとつてナンシーと名付けられた。
なにかとナンシーに縁がある。

1944年、娘の4歳の誕生パーティーのとき、
コメディアン達がお祝ひの歌としてナンシーを歌つた。
元歌は、"Bessie with the laughing face" ださうで、
彼らは女性の誕生祝いのとき、
名前の部分を差換へてその歌を使ひ回してゐたといふ。

しかし、シナトラは娘のため特別に作つてくれた歌だと勘違ひし、
また感激もして、翌月、その歌をレコーディングした。
誰もシナトラの勘違ひを正さなかつたやうである。

さういふ経緯があるから、ナンシーつながりで
レーガンの大統領就任祝ひに呼ばれたのかもしれない。
しかし、他にもワケがありさうだ。

シナトラは、大戦後、1950年代初頭まで、
芸能界を干されてしまふ。
女癖が悪かつたからね。
スキャンダルにまみれれば、
そりやあ、干されもするでせうよ。

しかし、シナトラはマフィアの力を借りて復活する。
映画「地上より永遠に」(1953年)に出演できたのは
マフィアが映画製作者に圧力をかけたから。
その「圧力」は、映画「ゴッド・ファーザー」(1972年)で、
「馬の首」のエピソードとして描かれてゐる。
(そのシーンは、こちら

シナトラとマフィアの関係は公然の秘密だつたとか。
ケネディ大統領暗殺事件(1963年)では、
陰謀説の中にシナトラの名前が出てくる。
もともとケネディの選挙運動を支援するなど
深い関係があつたから、
陰謀説のネタにされやすいのだらう。

陰謀といへば、
ケネディにマリリン・モンローを紹介したのもシナトラ。
大統領とセックスシンボルが深い仲になつたのは周知の事実。
ケネディ大統領暗殺事件の前年、
マリリン・モンローは謎の死を遂げてゐる。
様々な陰謀説があるが真相は闇の中。

マフィアと関係があるシナトラと、
なぜ政治家は交友関係を結んだのか。

シナトラと仲良くすれば自分の手を汚さず、
間接的にマフィアの力を利用できる。
都合が悪くなつたらシナトラと縁を切れば済む。

ケネディ家は、さう考へたんだらうね。
実際、JFKが大統領になつてからシナトラと縁を切らうとした。
その露骨な態度がアダとなり、
マフィアの反感を買つて暗殺された、といふ陰謀説がある。

マリリン・モンローの怪死も、
ケネディ家に対するマフィアの警告で、
大統領だつていつでも殺せるんだぞ、と。
マリリン・モンローは「馬の首」か。
まあ、陰謀説といふより興味本位の作り話でせうね。
かといつて、その可能性がないわけでもないから、
噂話として広まるのでせう。
この駄文もその一例。

悪い噂が豊富なシナトラは、善行の人でもあつた。
盗賊が悪事を働く一方で人助けをすることもあるし、
善人が悪事に手を染めることもある、
人間てヤツは不思議な生き物だ、
さうは思はねえか彦十(ひこじゆう)、
といふのは長谷川平蔵(鬼平)のセリフで、
彦十は鬼平の密偵のひとりなのだが、
シナトラはチャリティに積極的に参画するなど美談も多い。
中には、作られた美談もあるやうだが。

さういふシナトラが、
レーガンの大統領就任を祝ふ席で
歌を披露する栄誉を担へたのは、
ナンシーつながりだけが理由ではないだらう。
さうは思はねえか、彦十。













by hikihitomai | 2019-01-21 21:00 | 物見遊山
「中国の不思議な役人」に関する雑記



c0069055_23145594.jpg



カレッタ汐留からの眺望。
築地市場の東側方面。
画面右下に解体中の市場関連施設が少し写つてゐる。


*******
バルトーク(Bela Bartok)/ 組曲「中国の不思議な役人」から
「中国の不思議な役人」はパントマイムのための舞台音楽。
悪党どもが金を奪ふため少女に客引きをさせる話。
3度目の客引きの相手(カモ)が中国の役人。
有り体に言へば、美人局(つつもたせ)の罠に落ちたカモが
一味に殺されてしまう話。

管弦楽曲は舞台版と組曲版があり、
リンクしたこの演奏は組曲版の最後の部分。
役人と、役人を気味悪がる少女の追い掛けつこが描かれてゐて、
舞台版では第5曲(全9曲)の最後の部分に該当する。

組曲版はそれで終はりになるが
舞台版には血なまぐさい続きがある。

悪党どもが役人から金品を奪ひ、殺さうとする。
しかし、ナイフで刺されても役人はなかなか死なない。
それで悪党どもは役人の長い髪を首に巻き付け、
シャンデリアのフックに吊るしてしまふ。

残虐ですね。
ビリー・ホリデイの「奇妙な果実」を連想するけれど、
吊るされた役人はまだ息があり、体が青緑色に輝き始める。
(奇妙な果実 : 虐殺され木に吊るされた黒人の死体のこと)

少女は吊るされた役人を降ろしてくれと悪党どもに懇願する。
降ろされた役人は少女に抱き寄せられ至福の境地で息絶へる。

さういふストーリーなので、
初演当時(1926年)は不謹慎だとの批判を受けたさうだ。

リンクした動画はベルリン・フィルの演奏会で、
聴衆の中に子供も映つてゐる。
ストーリーを知つた上で聞いてゐたのでせうか。

そのストーリーに関して、疑問がふたつある。

ひとつ目は、なぜ中国の役人なのか。
女優はストーリーに必然性があれば、
オッパイを見せたりするさうだけれど、
中国の役人が主人公である必然性があるのだらうか。

中国の不思議な役人といふのは、
馴染みのない外国人の象徴かな。
単に異国情緒の象徴ではないだらう。
中国人に対する好意的な見方でもないと思ふ。
得体の知れないものといふ意味が含まれてゐて、
「奇妙な果実」ほどではないにしろ、
中国人(あるいは外国人)に対する蔑視を勘ぐつてしまふ。

ふたつ目の疑問は、
少女に抱かれて息を引き取るとき、
中国の役人はなぜ至福の境地であつたのか。
ストーリーの必然性を納得した少女が
オッパイを見せたわけでもないのに。

日ごろ異性から相手にされない男だつたとしても、
相手は自分を罠に陥れた女である。
そんな女に抱かれて死んでゆくのは無念であつて、
幸福感など得られないと思ふのだが。

それとも、キッカケや受けた仕打ちはともかく、
中国の役人は少女を愛おしく想ひ、
その腕の中で死んでゆくから至福の境地とか?

私がその役人であつたら、そもそも誘ひに乗らないし、
命が助からないとわかれば、
最後の力を振り絞つて連中を道連れにしてやるけどね。
わけもなく青緑色に輝くヒマがあるなら、
そのパワーを使つて反撃しろよ、と言ひたい。

余計なお世話か。

余計のついでに、この手の物語をおとぎ話にする方法について。
芥川龍之介の「蜘蛛の糸」のやうな語り口で
この物語を記述すればよい。
蓮池のふちでお釈迦様がカンダタを見下ろしたやうに、
お釈迦様が美人局とその一味や中国の役人を見下ろせば、
血なまぐさいストーリーもおとぎ話になる、たぶん。













by hikihitomai | 2019-01-18 21:00 | HDR
「あさ開」純米大吟醸生原酒-REX



c0069055_18571611.jpg


一升3,556円(税込み3,840円)
原料米:山田錦
精米歩合:50%
アルコール度数:16度

日ごろ飲んでゐる酒より少し高価。
とても香りがよく、生酒のフレッシュ感が心地よい。
原酒のわりにアルコール度数は控へめ。
以前飲んだ純米バージョンより洗練されてゐる印象。
濃厚な酒を好む私には、とても端麗な酒に思へる。
ちびちび飲むと旨さがじわじわ沁みてくる。


*******
ハンプトン・ホーズ(Hampton Hawes)/ A night in Tunisia
ワニのハンプトン・ホーズの5曲目。













by hikihitomai | 2019-01-17 21:00